メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • Product Report

  • プロダクトレポート
  • 2013年 10月号(No.190)
  • 異常検知機能強化により信頼性がさらに向上
  • ネットワークカメラ用録画・配信サーバ「ネカ録4.0」
    新発売のお知らせ

三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社(MDIT)では、様々なメーカーのネットワークカメラに対応した新世代監視システムを安価に構築できる「ネカ録」を2005年からご提供しています。このたび、新商品「ネカ録4.0」として、デスクトップ型では業界最大クラス※1となる24TBディスクを内蔵し、異常検知機能強化により信頼性をさらに向上させることで、皆様方のご要望に応えいたします。

ネカ録4.0の主な特長

NS-3800●業界最大クラス※1のハードディスクを内蔵し異常検知機能を強化

NS-3800は、縦置き可能なデスクトップ型※2として業界最大クラス※1の24TBディスクを内蔵。ラックマウント型のNS-5800には、36TBモデルを追加しました。高画質で長時間録画したいとのご要望に対応できます。また、ファン異常、温度異常、電圧異常などNS-5800並に異常検知機能を強化。障害発生をネットワーク経由でパソコン(ビューアソフト)に通知できるので、万一の際にも迅速な対応が可能です。

●ビューアソフトを大幅に機能強化

標準装備のビューアソフトの機能を大幅に強化。カメラごとに表示位置と大きさを自由に設定でき、手動や自動で表示レイアウトを切り替え可能です。また、H.264/AVCでのサムネイル表示やAVI形式への変換機能を追加しました。オプションのスーパーマルチビューアソフトは、最大9台のカメラの同時再生が可能。ライブ表示と同じ自由なレイアウトで複数のネカ録に録画されている映像を同時に再生できます。

●最新のネットワークカメラに対応

フルHDカメラや360度全方位カメラなど、最新のネットワークカメラをサポート。マルチベンダーに対応していますので、様々なメーカーのカメラを適材適所で組み合わせて使用できます。また、カメラに搭載されている動き検知機能に対応しましたので、高解像度でカメラ台数が多い場合でも、動き検知録画やパソコンへの通知等が可能です。

●H.264/AVCの間引き(Iフレーム)録画をサポート

最新の動画圧縮技術であるH.264/AVCで、間引き(Iフレーム)録画機能を追加。ライブ表示はなめらかなままで、より長時間録画できます。

●ユーザー権限を細かく設定可能

ユーザーごとに表示できるカメラや再生・ダウンロード・設定等の権限を細かく設定可能になりました。

※1:縦置き可能なデスクトップ型の録画サーバ本体に内蔵可能なディスク容量として。2013年7月9日現在。MDIT調べ。
※2:オプションのラックマウントキットを使えばラックマウントも可能。

▲ ページトップに戻る

説明図

▲ ページトップに戻る

▲ ページトップに戻る