メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • Product Report

  • プロダクトレポート
  • 2018年 1・2月号(No.233)
  • クラウドサービス
  • お客様のクラウド環境を安心・安全で提供する
    MIND クラウドサービスのご紹介

企業におけるICT システム構築は、そのコスト面の優位性から“クラウド利用をベースに検討を進める”クラウドファースト”の考え方が浸透してきています。しかしクラウドの導入においては、「安定稼働を確保したい」「仕様変更など、要件の変動に対する柔軟性も確保したい」「インターネットからの利用は心配」といった課題や要望があります。三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社(MIND)は「プライベートクラウドサービス(Value Platform on Demand)」と「パブリッククラウド閉域接続サービス(CloudMinder)」というふたつのMIND クラウドサービスを用意してお客様の課題と要望にお応えします。

プライベートクラウドサービス(Value Platform on Demand)

クラウド環境の特長を生かした柔軟なICTインフラを、ネットワーク、セキュリティー、運用監視を含めワンストップで提供します。
「安定稼働の確保」に対して、Value Platform on Demand は、仮想技術の活用によって、ダウンタイムが極めて短くなる構成をとっています。さらに、複数のMIND データセンター間で連携した構成によって、万一の災害にも対応可能です。

プライベートクラウドサービス概要図

お客様のシステムにおける仕様変更など要件変動への対応には、最小構成からスタートし、システム規模の拡大に合わせて、必要なリソースを随時拡張することができます。
バックアップやアンチウイルスなど、多彩なサービスを揃えており、お客様要件の変動にも柔軟にお応えします

お客様のシステム図

パブリッククラウド閉域接続サービス(CloudMinder)

MIND データセンターからパブリッククラウドへ閉域ネットワークで接続する安全と信頼を両立したサービスです。
インターネットからの利用を心配されるお客様に対しては、帯域保障型ネットワークのCloud Minder を利用することで、パブリッククラウドを安定した性能にてセキュアに利用することができます。
これらのサービスを合わせてご利用いただくことで、安心・安全なハイブリッドクラウド環境を提供します。
MIND では、お客様へのさらなる安心・安全を提供するMIND 統合運用管制センターで専門エンジニアが24 時間365 日体制で、お客様の情報システムの遠隔運用監視を行い、障害発生時の原因分析・究明に対して自動化を図り、万が一のシステム障害に迅速に対応します。

講演風景

■統合運用管制センター

パブリッククラウド閉域接続サービス概要図

■パブリッククラウド閉域接続サービス概要図

ハイブリッドクラウド概要図

■ハイブリッドクラウド概要図

▲ ページトップに戻る

▲ ページトップに戻る