メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • 巻頭特集

  • 経営基盤を強化するIT戦略
  • 2017年 10月号(No.230)
  • オフィスワークを効率化する
    RPA(Robotic Process Automation)の
    概要と導入のポイント

ホワイトカラーの生産性向上が日本企業の重要な課題となっています。そのための有効なツールのひとつとしてRPA(Robotic Process Automation)が注目されています。RPAは、パソコン上で人が行っていた定型作業を自動化できるソフトウエアです。既存のシステムやプロセスを変更する必要がなく、現場レベルで手軽に自動化を実現できるなどのメリットがあり、多くの企業が導入を開始しています。今回は、RPAの概要と企業に導入する際のポイントについて解説します。

▲ ページトップに戻る

オフィスでも単純作業は
ロボットに任せる時代に

 RPAは、ソフトウエアが業務プロセスを自動化することを指します。オフィスにおける単純作業の繰り返し等のルーチン業務を肩代わりしてくれる、ホワイトカラーの生産性を高めるツールとして注目が集まっています。
 RPAは、あらかじめ設定した手順に従って人と同じようにパソコンの操作を代行します。例えば、アプリケーションを起動し、メニューからコマンドを選び、必要なところにテキストを入力して画面のボタンを押す。特定のテキストデータをコピーして、他のアプリケーションにペーストする。さらに完成した書類をファイルに保存してメールに添付して送信するなど、人手で行っていた面倒な作業を自動的に行うものです。バーチャルな労働者として、人と同じ作業を代行することから「デジタルレイバー(デジタル労働者)」と呼ばれることもあります。
 “ロボット”と言っても、メカニカルなロボットをパソコンの前に設置してキーボードやマウスを操作させるわけではありません。RPAはパソコンの中にインストールして使うソフトウエアロボットです。RPAが動いている時には、誰もキーボードやマウスに触れていないのに、画面上で様々な操作が行われているため、最初は不思議な光景に見えるかもしれません。
 ただし、RPAは人が行っている作業をすべて自動化できるわけではありません。製品によって機能は異なりますが、現時点でのRPAは定型の単純作業を自動的に行ってくれるツールと考えた方が良いでしょう。コピー&ペーストの繰り返し作業などは、RPAの得意とする作業です。“ある数値が100以上だった場合には別の処理をする”といった単純な条件分岐はできますが、曖昧な状況判断や思考を伴う作業は、今の技術では対応できません。面倒な作業はロボットに任せて、本当に人間しかできない創造的・生産的な仕事に集中しよう、というのがRPAのコンセプトです。
 現在、国内では、ホワイトカラーの生産性向上が大きな課題となっています。少子高齢化による生産年齢人口減少などで、人材の確保が容易ではない状況となっています。こうした環境において、人材の有効活用の方策に手詰まり感を覚える企業も増える中で、ホワイトカラーの生産性を高める手段として、RPAに大きな期待が集まっています。

▲ ページトップに戻る

複数のアプリケーションを
組み合わせた作業も自動化

 アプリケーションソフトの自動化方法としては、Excelなどのマクロがあります。マクロは一般的に特定のアプリケーション内の処理を自動化する機能で、マクロが使えるのは、アプリケーション自身にマクロ機能が備わっている場合のみです。しかも作成にはある程度のプログラミング技術が求められます。Excelのマクロは、Excel内で完結する処理に関しては非常に強力です。しかし、他のアプリケーションとの間でデータをやりとりするような場合、例えば作成した書類をワープロソフトに貼り付けたり、メールを送信するといった操作は、マクロだけでは実行が不可能で、人による作業が必要となります。
 一方、RPAはひとつのアプリケーションだけでなく、複数のアプリケーションを組み合わせた作業も自動化できます。もちろん、マクロと組み合わせることも可能です。例えば、RPAがWebブラウザーで検索したデータをExcelのシートにコピー&ペースト、Excelのマクロで集計処理し、結果のグラフをRPAがワープロに貼り付け、メールを送信するといった一連の作業の自動化が可能です。

▲ ページトップに戻る

既存システムの変更は不要
導入の敷居の低さも魅力

 現代のオフィスには、様々なITツールが導入されています。ワープロや表計算はもちろん、販売管理や経理といった社内システムの導入によって、事務処理は大きく効率化されました。しかし、事務処理の現場には依然として多くのルーチン作業が残されています。
 例えば、複数のシステムを使っているオフィスでは、同じデータをシステムごとに何度も入力したり、前工程のシステムで得られた結果を後工程に渡すために、人が介在して、入力しなければならないことがよくあります。もちろん、システム間を連携させて、データが一気通貫に流れるようにすることが理想でしょう。しかし現実には、システム投資に見合うだけの効果が期待できないなどの理由によって、まだまだ人に頼っていることが少なくありません。
 人の作業を代行してくれるRPAを使えば、既存のシステムを変更することなく自動化を実現することができます。またRPA導入のために大規模なシステム開発を行う必要もないため、スモールスタートで徐々に適用範囲を拡大していくことができるのもRPAに注目が集まる理由のひとつです。

 

▲ ページトップに戻る

将来的にはAI技術を取り入れ
より高度な業務の自動化を実現

 人が行っていた作業をそのままRPAに置き換えただけでも、作業のスピードと正確性を大幅に高められます。人の場合、単純作業を延々と繰り返せば、どうしてもミスの発生は避けられません。そのミスを防ぐためのチェック工程が増えれば、生産性がさらに下がることになります。RPAは、正しい手順をきちんと教えれば、同じ作業をどんなに繰り返しても間違いは発生しません。
 ロボットの作業手順を現場レベルで作成できるのも、RPAの大きな特長です。例えば、単純な作業であれば、RPAの記録機能をオンにして、人がいつも通りの作業を行うだけで、ロボットが手順を覚えてくれます。あとは、その操作が必要になった時に登録した手順を呼び出せば自動処理されます。必要であれば、記録した手順を編集して繰り返しや条件分岐などを加えることもできます。多くのRPA製品は、こうした編集もプログラミングの知識なしに行えます。このため、RPAではシステム部門や外注に頼ることなく、現場で必要な自動化を素早く実現できます。このあたりは、現場レベルでの改善や工夫を得意とする日本企業に向いているツールとも言えます。セキュリティーや安全性を重視する場合には、企業内の各端末で動くRPAを企業内のサーバー上で集中管理することもできます。
 現在は、単純な繰り返し作業の自動化に適しているRPAですが、今後はAI技術などを取り入れることで、作業の自動化のみならず、業務プロセスの分析・改善、意思決定まで自動化されると予想されています。今後、オフィスワークの効率化に取り組むうえで、RPAは不可欠なツールとなっていくでしょう。

 

▲ ページトップに戻る

労働環境を取り巻く課題

■労働環境を取り巻く課題
出典:「働き方改革実行計画(平成29 年3月28 日働き方改革実現会議決定)」(首相官邸)より抜粋
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/pdf/sankou_h290530.pdf

▲ ページトップに戻る