メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • カスタマーリポート

  • 導入事例
  • 2007年 10月号(No.130)
  • 株式会社 竹内調剤薬局
  • 三菱保険薬局システム「調剤Melphin/mk II」導入事例
  • 調剤専門薬局のパイオニアとして
    患者様に質の高いサービスと「安心」を提供

調剤専門薬局の先駆けとして医薬分業をいち早く実践し、現在は関東を中心に、東北、東海、近畿の各地方に15店舗を展開している株式会社竹内調剤薬局は、レセプトコンピュータの導入当初から今日に至るまで三菱保険薬局システムを利用しています。同社では、株式会社三菱電機ビジネスシステム(MB)が販売・サポートする三菱保険薬局システム「調剤Melphin/mk II(メルフィン/マーク)」と三菱電子薬歴保存システム「Melhis(メルヒス)」を導入。薬局業務の質的向上を図るとともに、患者様に質の高いサービスを提供しています。

*調剤Melphinの販売元は三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社、開発元は三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社です。
*調剤Melphinは三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社の登録商標です。

画像:竹内調剤薬局

医薬分業のパイオニアとして、付加価値の高い患者様サービスを提供する竹内調剤薬局

人物写真

代表取締役
竹内 稔

人物写真

取締役
統括本部長
渡邊 昭彦

人物写真

テクニカルマネージャー
新井 悟

医薬分業の先駆けとして
きめ細かなサービスを提供

 現在の医療では、それぞれの専門家がチームワークを組み、協力し合うことで質の高い医療サービスの提供が図られています。医薬分業も同様に、専門家である医師と薬剤師が医薬品の効き目や安全性を互いにチェックすることで、よりよい医療を患者様に提供するためのものです。株式会社竹内調剤薬局は、1958年に東京大学医学部附属病院の近隣に湯島店を開局以来、いち早く医薬分業に取り組んできました。三代目となる竹内稔氏が代表取締役に就任後、青森県十和田市に薬の分譲を行う備蓄センターも兼ねた基幹薬局を開局したのを皮切りに、東北、東海、近畿にも開局し、地域医療に貢献しています。
 同薬局では、地域特性や薬局近隣の医療機関に応じた服薬指導を行っています。テクニカルマネージャーの新井悟氏は次のように語ります。
 「大学病院近隣の当薬局では、1つの薬品に1つの薬袋を使用する一薬品一薬袋で対応しています。大学病院などの先進医療にともなう処方せんは、薬品数量も多く、高度かつ複雑な調剤技術が必要とされます。しかし、それによって患者様を長時間お待たせするわけにはいきません。そこで、正確で効率的な監査や適切な服薬指導を行うために、どこよりも早く、まだ当時他社にはなかった透明ビニール薬袋を考案。その薬袋にラベルを貼付しています。この方法は、コストがかかるものの、透明であるため目視確認による監査が容易で、さらには患者様に薬を見せながら服薬指導をスムーズに行うことができます。もちろん、患者様も服用時に薬が見やすいというメリットもあります」
 さらに同薬局の先駆的な取り組みとして、薬品の写真を掲載した薬情の考案・提供によって、患者様へのサービスを充実してきました。

▲ ページトップに戻る

保険薬局システム導入当初から
『調剤Melphin/mk II』まで継続活用

 患者優先の思想のもと、快適な医療環境の実現と利便性を追求する竹内調剤薬局では、保険薬局システムの導入においても様々な製品の検討を重ねてきました。これまでの経緯を取締役 統括本部長の渡邊昭彦氏は次のように語ります。
 「薬局チェーンを営んでいる当薬局では、すべての店舗で同一のシステムにまとめたい意向がありました。しかし、利用したい機能がある他社製品を、何店舗かでテスト導入・評価しましたが、使ってみると運用に耐え難いものや、サポート対応に満足いかないものばかりでした。そこで “現場”のスタッフが選定を行ったところ、最も高い評価をしたのが三菱電機のシステムでした。三菱電機のオフコンタイプのレセプトコンピュータから、 DOS版、Windows版を経て、『調剤Melphin/mk II』を利用しています」
 また、電子薬歴保存システムの導入について竹内氏は、「薬局経営に携わるなか、以前から薬歴情報の電子化の必要性を認識していました。薬歴保存システムを自社開発することも検討しましたが、いち早く薬歴の電子化を実現した『Melhis』には現場に必要な機能が充実していたこともあり、導入を決定しました」と語ります。

▲ ページトップに戻る

柔軟なサポート対応により
業務の質的向上を実現

 竹内調剤薬局では、三菱電機の保険薬局システムを長期にわたり活用しています。そのことについて渡邊氏は次のように語ります。
 「三菱電機の保険薬局システムは、長年の技術開発と業務ノウハウの蓄積によって、基本パッケージとしてしっかりしており、法改正の対応も含め、安心して使える信頼感があります。特に、薬歴管理において先駆的に取り組んできた伝統があり、『Melhis』はその伝統に培われたノウハウが凝縮されています。また、従来からのキーボード中心の入力(マウスレス)が継承されているため、処方せん入力はキーボード操作で、薬歴入力や問い合わせについてはマウス操作と使い分けをすることで、最適な入力操作でスピーディに運用できます」
 サポート対応について、新井氏は「先進の技術開発を培ってきた開発元のMDISと販売・サポート対応のMBとの緊密な連携によって、総合力を活かした対応をしていただいています。私どもの意見を常に受け止め、それを他社にない斬新な機能の提供に結実することで、薬局業務の負荷軽減と患者様サービスを充実することができました」と評価します。

▲ ページトップに戻る

システムの活用で薬局業務を効率化
患者様へのサービスをさらに充実

 竹内調剤薬局では、患者様を主体とした医療サービスに取り組むなかで、「調剤Melphin」のオプションシステムである携帯電話対応の薬歴問い合せシステム「薬歴View」を発案しました。「『薬歴View』は営業時間以外での患者様からのお問い合わせに薬剤師が対応するシステムです。患者様の薬歴を携帯電話のWeb機能によって確認できるため、迅速な対応ができ、付加価値の高いサービスを提供することが可能です」と竹内氏は語ります。
 このほかにも、OCR(Optical Character Reader)による処方せん読み取りシステムを導入し、入力の効率化や時間短縮を実現しています。
 「システムに任せられることはシステム化することで薬局業務を支援する。そのことが、正確な調剤・監査、的確な服薬指導につながると考えています。現状に満足することなく、常に時代の流れや法改正などを考慮して患者様に最適のサービスを提供できるよう取り組んでいきます」(竹内氏)
 調剤薬局のパイオニアとして、先進技術の導入に積極的に取り組み、薬局業界を牽引している竹内調剤薬局。同薬局は将来を見据えて、さらなるステップを踏み出そうとしています。
 「これまでは大学病院や公立病院、基幹病院を中心とした展開をしてきましたが、地域により密着した民間病院の近隣にも開局していきます。2007年度はすでに2店開局しました。今後、竹内調剤薬局グループとして店舗が増えるなか、各店舗で共通化したシステム基盤をベースにして、本部集中的なシステムにも取り組んでいきます」と竹内氏が将来を展望するように、竹内調剤薬局はこれからも地域に根ざした質の高いサービスで患者様に「安心」を提供していきます。

▲ ページトップに戻る

説明図

システム構成イメージ

▲ ページトップに戻る