ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2006年8月2日
リ本No.0630

新搭載「うる肌モード」で、お部屋を加湿しながらお肌のうるおいをしっかりキープ

三菱 加湿機 新商品発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、新搭載の「うる肌モード」により、お肌にうるおいを与える家庭用加湿機4機種を9月1日から発売します。

発売の概要

形 名 加湿方式 加湿能力(最大) 希望小売価格 発売日 当初月産台数
SV-KK606 気化式 毎時600mL オープン 9月1日 65,000台
SV-S506 ほんのりあったか
スチームファン式
毎時500mL
SV-S706 毎時700mL
SV-S306 スチームファン式 毎時300mL

発売の狙い

 加湿機の需要は、健康意識の高まりやエアコン暖房の普及により、ここ数年増加傾向にあります。また、保湿効果から女性のスキンケア商品としても注目されています。

 当社は今回、室温に応じてお肌にとって最適な湿度に自動コントロールする「うる肌モード」を新たに搭載しました。健康対策はもちろんのこと、女性にうれしいお肌の乾燥ケアとしても使用できる商品で、市場のさらなる拡大を目指します。

新製品の特長

1.新提案、お肌の乾燥をケアする「うる肌モード」(全機種)

室温に応じて湿度を自動コントロールし、空気中の水分量をお肌にとって最適なレベルに保つ「うる肌モード」を全機種に搭載しました。
室温17℃以下の時は湿度65%〜75%、室温18℃〜24℃の時は湿度55%〜65%、室温25℃以上の時は湿度50%〜60%と、室温に応じたゆらぎ加湿を自動的に行いますので、低温度帯で肌への乾燥ケア効果を増し、高温度帯ではお肌の乾燥をケアしつつ余分な結露を抑えます。

2.雑菌の繁殖を抑えて清潔加湿を実現「除菌ユニット」(SV-KK606)

水受けトレイに銀イオンを配合した「除菌※1ユニット」を新搭載し、雑菌が繁殖しやすいトレイ内の水を清潔に保ちます。除菌ユニットのペレットから銀イオンが溶け出して、トレイ内の雑菌の繁殖を抑え、気になるニオイの発生を抑制します。

※1  試験機関:日本化学繊維検査協会
試験方法:トレイ内に大腸菌液を投入し8時間放置後の菌数を測定

3.1カ月の電気代わずか約70円(静音モード時)(SV-KK606)

ヒーターを使用しない気化式加湿で、「静音モード」時の1カ月の電気代はわずか約70円※2(1日あたり約2.3円)です。リビングで長時間使用しても電気代が気になりません。

※2: 静音モードで1日約8時間運転。電力料金単価目安22円/kWh(税込)で計算。定格運転時の電気代は1カ月約132円(1日あたり約4.3円)。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 三菱電機お客さま相談センター

TEL: 0120-139-365

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。