ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2006年8月22日
リ本No.0636

最新のDMDチップと新光学エンジンにより、コントラスト比4500:1を実現

三菱ホームシアタープロジェクター新製品発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、ホームシアター用DLP(R)※1プロジェクタ ーの新製品として、最新のDMD※2チップと新光学エンジンによりコントラスト比4500:1を実 現した機種と、コントラスト比3000:1の廉価機種を8月25日から順次発売します。

※1:Digital Light Processing(R)
※2:Digital Micromirror Device

プロジェクター

プロジェクター

発売の概要

製品名 形 名 コントラスト比 希望小売価格
(税込)
発売日 月産台数
三菱ホームシアター
プロジェクター
LVP-HC3100 4500:1 オープン 9月 8日  500台
三菱ホームシアター
プロジェクター
LVP-HC1100 3000:1 オープン 8月 25日 1000台

発売の狙い

 ホームシアター市場は、前年比約130%(当社予測)の拡大が見込まれ、DVDソフトの伸長、地上デジタル放送・BSデジタル放送でのハイビジョン映画の充実により、100形を超える大画面を家庭で実現できるプロジェクターが注目されています。

 今回発売の新製品LVP-HC3100は、最新の0.65形DMDチップDarkChip3TMを業界に先駆けて搭載し、さらなる高コントラスト比4500:1を実現しました。特にDLP(R)プロジェクターの特長である漆黒の再現にさらに磨きをかけています。また、新開発カラーホイールで映像ソフトの色を忠実に再現します。

新製品の特長

1.コントラスト比4500:1の実現により、漆黒の黒を忠実に再現<LVP-HC3100>

最新の0.65形DMDチップDarkChip3TMを、オールガラス高精細投写レンズ採用の新光学エンジンと組み合わせることにより、当社従来品※3より約13%高いコントラスト比4500:1を実現しました。光学的にコントラストを調整する電動アイリス機構と相まって、映画の暗いシーンなど で漆黒の黒を忠実に再現します。

※3: LVP-HC3000

2.新開発カラーホイールにより、映像ソフトの色を忠実に再現

色彩工学で事実上の標準となっている「標準光D65(色温度6500K=ケルビン)」を忠実に再現する、6色パートからなる新開発のカラーホイール※4により、映像ソフトの色を忠実に再現します。
LVP-HC3100のカラーホイールスピードにはカラーブレイキングノイズの目立ちにくい5倍速を追加しており、従来の4倍速と好みに応じて選択できます。LVP-HC1100のカラーホイールスピードは4倍速固定です。

※4: DLP(R)方式エンジンにおいて色を作るカラーフィルター

3.12ビットフローティングガンマ補正の搭載により、滑らかな階調を実現

固定方式での20ビットに相当する「12ビットフローティングガンマ補正」の搭載により、微妙な暗部階調を改善し、滑らかな階調を実現しています。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 三菱電機お客さま相談センター

TEL: 0120-139-365

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。