ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2006年10月12日
リ本No.0646

ステレオスピーカーを搭載したワイドタイプをラインアップ

三菱19型・20.1型ワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta」新シリーズ発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta(ダイヤモンドクリスタ)」の新シリーズとして、ステレオスピーカーを搭載したワイドタイプの19型WXGA+※1対応と20.1型WSXGA+※2対応の液晶ディスプレイ計4機種を10月27日から発売します。

※1:WXGA+
1440×900の表示画素数
※2:WSXGA+
1680×1050の表示画素数

ワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta」

ワイド液晶ディスプレイ
「Diamondcrysta」

発売の概要

商品名 形 名 希望小売価格 発売日 月産台数
液晶ディスプレイ
「Diamondcrysta」
RDT191WM、RDT191WM(BK) オープン 10月27日 4,000台
RDT201WM、RDT201WM(BK) 2,000台

発売の狙い

 近年、パソコンの使用環境が多様化し、広い画面でいくつものウインドウを使いたい、ワイドフォーマットのDVDなどをそのまま表示して楽しみたいといったニーズが増えています。

 今回発売するのは、19型WXGA+対応と20.1型WSXGA+対応のステレオスピーカー付きワイドタイプのエントリーモデルです。当社は今後、大型サイズなどのワイドタイプモデルの開発に注力し、さらなるラインアップの拡充を進めていきます。

新製品の特長

1.多彩な表示に対応するワイド液晶パネルを採用

19型はWXGA+対応、20.1型はWSXGA+対応の液晶パネルを採用し、ワイドな画面で、快適なデスクトップ環境を提供します。さらに、高コントラスト比800:1、高速応答5msにより、動画再生をはじめとする多様なコンテンツの鮮明な表示を実現します。

2.デジタル入力とアナログ入力の2系統入力に対応

パソコンからのデジタル信号を直接ディスプレイに伝送できる「DVI-D」端子の搭載により、信号伝送時の劣化が極めて少なく、輪郭のくっきりとした高画質な画像が楽しめます。また、アナログ入力端子も装備しているので、デジタル信号とアナログ信号の2台のパソコンを接続し、切り替え表示することもできます。

3.ステレオスピーカー搭載、電源内蔵タイプで置き場所すっきり

本体前面に1W+1W出力のステレオスピーカーを搭載しているので、DVDなどのステレオソースも楽しめます。また、電源部を本体に内蔵しているため、省スペース化が図れ、置き場所もすっきりします。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 お客様相談窓口(ディスプレイ)

TEL: 0120-71-3322 (IP電話不可)

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。