ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2007年5月10日
リ本No.0716

業界初。2系統のHDMI端子を搭載した、多入力マルチメディアディスプレイ

三菱24.1型マルチメディアワイド液晶ディスプレイ「VISEO」新製品発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、業界初※1の2系統のHDMI※2入力端子をはじめ多彩な映像入力端子を搭載した、24.1型WUXGA※3対応のマルチメディアワイド液晶ディスプレイ「VISEO(ヴィセオ)」の新製品を6月1日から発売します。

※1:国内販売のパソコン用液晶ディスプレイ(スタンドアロンタイプ)において。2007年5月10日現在、当社調べ
※2: HDMI
High-Definition Multimedia Interface
※3: WUXGA
1920×1200の表示画素数

マルチメディアワイド液晶ディスプレイ「VISEO」

マルチメディアワイド液晶ディスプレイ「VISEO」

発売の概要

商品名 形 名 希望小売価格 発売日 月産台数
マルチメディアワイド
液晶ディスプレイ
「VISEO」
MDT241WG オープン 6月1日 3,000台
 キャビネット色はクリアピアノブラックのみ

発売の狙い

 近年、地上デジタル放送をはじめ、次世代ゲーム機などフルHDコンテンツが注目され、ディスプレイにおいてもワイド化、高解像度化が進み、さまざまなコンテンツを視聴したいといった要求が高まっています。一方、従来の多くのディスプレイではパソコンとの接続に主眼を置いており、種々の映像機器との接続については十分な対応が取れていませんでした。

 そこで当社は、デジタル映像機器で急速に普及しているHDMI入力端子を2系統搭載したのをはじめ、多彩な入力端子により、パソコンのみならず種々の映像機器との接続を可能にするとともに、動画ブレを抑制する独自技術「MP ENGINE」の搭載により、快適な動画画質を実現したマルチメディアワイド液晶ディスプレイを発売します。

新製品の特長

1.業界初のHDMI端子2系統をはじめとする多彩な映像入力端子を搭載

パソコン接続用としてアナログ入力とデジタル入力「DVI-D(HDCP※4対応)」を各1系統、AV機器接続用としてHDMI(PC入力可能)を業界で初めて2系統搭載したのをはじめ、コンポジットビデオ、S-Video、コンポーネント(D5対応)を各1系統搭載し、種々の映像機器との接続ができます。また、光デジタル音声出力のSPDIF端子※5を搭載していますので、HDMIの音声を高音質のまま外部のスピーカーシステムなどで再現できます。


※4: High-band width Digital Content Protection
※5: Sony/Philips Digital Interface Format


2.独自の動画ブレ抑制技術「MP ENGINE」の搭載により、動画ブレを大幅に低減

当社独自の動画ブレ抑制技術「MP ENGINE」が、各画像フレームへの黒(データ)挿入と、黒挿入に同期したバックライト消灯(バックライトスキャニング)、およびオーバードライブ回路の最適化を行います。3つを組み合わせた業界初の最適制御により、目の残像に伴う液晶パネル特有の動画ブレを大幅に低減し、業界トップクラスのMPRT値※6 10msを実現しました。また、24.1型のAMVA※7方式WUXGA対応ワイド液晶パネル採用で、1000:1の高コントラスト比と中間階調間※8応答速度6msを実現しました。


※6: Motion Picture Response Time
VESA FPDM2 updateに準拠した動画ブレを定量的に表す指標
※7: Advanced Multidomain Vertically Aligned
広視野角技術
※8: 特定階調レベル間(例:0,31,63,95,127,159,191,223,255)の各応答速度の平均値


3.種々のゲーム機器に対応する豊富な機能を搭載

ゲーム機器などの映像を拡大表示する「フル」「アスペクト」「2×ズーム」の3つのモードと、そのまま表示する「リアル」モードの4つのモードが選択できる画面拡大機能を搭載しています。また、DV MODE※9に新たに「スルー」モードを追加したことで、映像の遅延時間を短縮し、コントローラーのキー操作が画面に反映するまでの時間を短縮しました。


※9: Dynamic Visual Mode
映像ソースに応じた最適画質を選択可能

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 お客様相談窓口(ディスプレイ)

TEL: 0120-71-3322 (IP電話不可)

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。