ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年1月23日
リ本No.0802

新開発の「ハイパーEcoエレメント」搭載によりオフィスビルなどのCO2削減に貢献

三菱全熱交換形換気機器「業務用ロスナイ天吊埋込形」新発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、排気と給気の間で熱を交換しながら換気することで空調負荷を低減し、オフィスビルなどの省エネに貢献する「業務用ロスナイ」の新商品として、新開発の「ハイパーEcoエレメント」搭載により業界トップクラス※1の全熱※2交換効率を達成した「天吊埋込形」全30機種(定格風量150m3/h〜2000m3/h)と、省エネ効果を分かりやすく表示するなど多彩な機能を搭載した専用部材「デラックスリモコン」1機種を、4月21日から発売します。

※1:2008年1月23日現在 当社調べ。天吊埋込形業務用全熱交換形換気機器において
※2:物質の温度変化に従って出入りする「顕熱」と、物質の状態変化に従って出入りする「潜熱」を総称したもの

業務用ロスナイ天吊埋込形

業務用ロスナイ天吊埋込形

デラックスリモコン

デラックスリモコン

発売の概要

商品名 代表形名 定格風量 希望小売価格
(税込)
発売日 年間販売台数
業務用ロスナイ本体
「天吊埋込形」
LGH-50RX5 500m3/h 407,400円 4月21日 50,000台
業務用ロスナイ専用部材
「デラックスリモコン」
PGL-60DR 28,350円 10,000台

発売の狙い

 近年、各種の地球温暖化防止施策が強化されるなか、地方自治体や企業においては、快適性の向上のみならず、さらなる省エネおよびCO2削減を実現できる換気・空調システムが求められています。
 当社は今回、省エネ換気機器としてオフィスビルなど多くの建物にご採用いただいている「業務用ロスナイ天吊埋込形」で、業界トップクラスの全熱交換効率を実現した新商品と、省エネ効果を分かりやすく表示できる専用部材「デラックスリモコン」を発売します。これにより空調負荷を低減する「ロスナイ」の認知度をさらに高め、今後より一層の拡大が見込まれる省エネ関連市場で「ロスナイ」の規模拡大に取り組んでいきます。
 なお、新商品全機種によるCO2削減効果※3は、年間約6.5万トンになります。
 ※3:試算条件
各機種の年間販売予定台数×CO2削減量の合計値

新製品の特長

1. 新開発の「ハイパーEcoエレメント」搭載により、1台あたり年間約1.3トンのCO2を削減
従来の熱交換素子「ハイパーエレメント」をさらに改良した「ハイパーEcoエレメント」を搭載し、業界トップクラスの全熱交換効率66%※4を実現しました。これにより空調の無駄を抑え、同時給排気タイプの非熱交換形の換気扇を使用した場合と比べ、1台あたり年間約50,000円の冷暖房費用を節約※5するとともに年間約1.3トンのCO2削減※5に貢献します。
※4:LGH-50R形、50Hz、冷房、強ノッチ時において
※5:試算条件
非熱交換形換気扇(BFS-50WS)使用時とLGH-50RX5使用時の比較。冷房期3.5カ月、暖房期3カ月、空調成績係数2.6(夏季)、3.1(冬季)、CO2排出係数0.555kg-CO2/kWh、電力料金22円/kWh(税込)
2. 分かりやすい温度表示で熱交換効果(省エネ)を身近に実感
マイコンタイプの場合、デラックスリモコン(PGL-60DR)を使用※6することで、①外気温度、②室内からの排気温度、③ロスナイを介した熱交換後の室内への給気温度の3種の温度を表示※7できます。ロスナイの「熱交換効果」を実際に機器を使用される方にも分かりやすく実感いただくことができます。
※6:デラックスリモコンは、マイコンタイプ(LGH-○○RX5(D)形)にのみ対応。
※7:外気温度、排気温度は実測値。給気温度は計算値。
3. 多彩な運転制御機能により、さらなる省エネ換気を実現
マイコンタイプには、曜日ごとに最適な運転パターンを設定できる「ウィークリータイマー機能」と、24時間換気に対応した「微弱ノッチ運転機能」を新たに搭載※8しました。これにより、使用状況に応じてきめ細かく換気風量を制御できるため、さらなる省エネ換気を実現します。
※8:マイコンタイプ(LGH-○○RX5(D)形)と、デラックスリモコン(PGL-60DR)を併用する必要があります。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 中津川製作所 営業部 市場技術課

TEL: (0573)66-8295 FAX: (0573)66-5659

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。