ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年2月21日
リ本No.0808

省エネ効果の高い「ロスナイセントラル換気システム」と接続可能で、不燃ダクト配管が不要

「<熱交換セントラル換気システム連動形>バス乾燥・暖房システム」発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、省エネ効果の高い「熱交換セントラル換気システム」との接続に最適で不燃ダクト配管が不要な浴室乾燥暖房機「<熱交換セントラル換気システム連動形>バス乾燥・暖房システム」2機種を6月1日から発売します。

<熱交換セントラル換気システム連動形>バス乾燥・暖房システム

<熱交換セントラル換気システム連動形>
バス乾燥・暖房システム

発売の概要

製品名 形 名 希望小売価格
(税込)
発売日 年間
販売台数
バス乾燥・暖房
システム
100V標準タイプ WD-101BZMD 102,900円 6月1日 8,000台
200Vハイパワータイプ WD-201BZMD 129,150円
専用電子式
コントロールスイッチ
標準タイプ P-103SW-M 10,500円
照明スイッチ取付可能タイプ P-103SW-M-T 11,550円

発売の狙い

 建築基準法の改正(シックハウス対策)で新築住宅には24時間換気システムの設置が義務化されていますが、近年は、省エネに対する関心も高まっており、取り込む外気と排出する室内空気の熱を交換して冷暖房への影響を少なくする「熱交換セントラル換気システム」(当社製品名:ロスナイセントラル換気システム)がマンションなどを中心に広まっています。熱交換セントラル換気システムでは、1戸当りの冷暖房エネルギーを節約でき、CO2換算で年間約283kg相当、電気代で約11,200円※1を削減可能なほか、取り込んだ外気のチリ・ホコリ・花粉を除去する外気清浄や、遮音、結露防止などの効果にも優れた換気システムです。
 しかし、浴室は湿気を多く含むため、耐湿タイプ以外の熱交換セントラル換気システムでは排気できず、専用の配管を別に用意して局所排気しなければなりません。局所排気に電気式のバス乾燥・暖房・換気システムを使用する場合には、この別配管をさらに不燃ダクトとする必要があり、換気設計・施工の複雑化や、材料費や工事コストの増加などにつながるとともに、熱交換セントラル換気システムとバス乾燥・暖房・換気システム双方の運転を一括制御できないなどの難点もあります。
 今回発売の新製品は、浴室も換気できる当社の耐湿タイプ「ロスナイセントラル換気システム」との接続に最適なバス乾燥・暖房システムです。換気設計やダクト配管の施工を簡略化できるほか、バス乾燥・暖房システムの操作に応じてロスナイセントラル換気システムの運転を制御し、住宅全体の快適な空質(インドア・エア・クオリティ)環境を実現します。
※1: 東京地区のマンション(床面積96m2、天井高2.5m)にて試算。非熱交換の換気システム(排気側機器V-103BZLと給気側V-180QZ)と熱交換セントラル換気システム(VL-200PZMS)との省エネ性比較。冷暖房は5月・6月・9月・10月を除く8カ月間運転。電力料金目安単価:22円/kWh、CO2排出係数:0.555kg-CO2/kWh

新製品の特長

1. 不燃ダクト配管が不要で、設計や施工を簡易化

排気口はヒーター部と分離させており、不燃ダクトを用いた専用配管や換気口などが不要で、当社の耐湿タイプ「ロスナイセントラル換気システム」や各種中間取付形ダクトファンと換気機能を一元化できます。排気ダクト接続口は180度可動する「フレキシブル構造」のため、部屋の間取りの違いにも柔軟に対応でき、換気設計やダクト配管の施工を簡略化します。

2. 「ロスナイセントラル換気システム」との連動により、快適な空質環境を実現

新開発のシステム連動回路により、リモコン(電子式コントロールスイッチ)でロスナイセントラル換気システムも一括制御し、住宅全体のエアーバランスを確保して快適な空質環境を実現します。

冬季の入浴中の冷風感や暖房時の熱ロスを自動で防止する「換気切替ダンパー」も搭載しています。

3. 1.3kWの高効率ヒーターで強力に暖房・乾燥

100V標準タイプは、約1.3kWの高効率絶縁形セラミックヒーターを搭載し、強力に暖房・乾燥します。さらに、オール電化住宅に最適な200Vハイパワータイプもラインアップしました。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 中津川製作所 営業部 電材営業課

TEL: (0573)66-8215

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。