ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年2月25日
リ本No.0809

壁スイッチの簡単な操作で3段階に調光可能、省エネを簡単に実現するシリーズ第2弾

三菱施設用照明器具「Easyecoもっとecoシリーズ高出力タイプ」発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、高周波(Hf)点灯専用ランプを明るく点灯する高出力タイプの施設用照明器具の新製品として、壁スイッチをオン/オフするだけの簡単な操作で明るさを3段階に調節(調光)できる「Easyecoもっとecoシリーズ高出力タイプ」23機種を4月21日から発売します。

施設用照明器具「Easyecoもっとecoシリーズ高出力タイプ」

施設用照明器具
「Easyecoもっとecoシリーズ高出力タイプ」

施設用照明器具「Easyecoもっとecoシリーズ高出力タイプ」

施設用照明器具
「Easyecoもっとecoシリーズ高出力タイプ」

発売の概要

製品タイプ 代表形名 形名数 希望小売価格(税抜) 発売日
FHF32W 2灯用 直付器具 KV4382EF VPTH 7 19,300〜31,000円 4月21日
FHF32W 1灯用 直付器具 KV4321EF VPTH 6 14,200〜25,500円
FHF32W 2灯用 埋込器具 YB4242F VPTH 8 26,400〜36,000円
FHF32W 1灯用 埋込器具 YB4041F VPTH 2 24,500〜29,000円

発売の狙い

 地球規模での温暖化防止対策が求められる中、企業の事務所や公共施設では、電力消費量の約4分の1を占める照明の省エネに期待が高まっており、照明器具のインバーター化が進んでいます。当社は今年1月、高周波(Hf)点灯専用ランプの明るさを、格別の制御機器や信号線なしに、簡単な操作で3段階に調光できるインバーター搭載の施設用照明器具「Easyecoもっとecoシリーズ」を発売しました。ラピッド磁気式安定器器具に比べて約1.2倍明るいインバーター器具の明るさを簡単に調整でき、かつ消費電力を最大37%削減できると好評を得ています。 今回は第2弾として、ラピッド磁気式安定器器具の約1.7倍の明るさで設置台数が少なくてすみ、新築物件などに多く採用されている高出力タイプを3段階に調光できる「Easyecoもっとecoシリーズ高出力タイプ」を発売します。出力固定の高出力タイプよりも、さらにもう一段の省エネを図りつつ、施工の手間や導入コストを低減できます。

新製品の特長

1. 1台3役、壁スイッチ操作で3定格の出力切り替えが可能
壁スイッチで電源をオン/オフするだけの簡単な操作で、明るいモード(100%調光)、ecoモード(85%調光)、もっとecoモード(70%調光)の3段階に調光できます。各モードの明るさは、それぞれ当社従来の施設用インバーター照明器具「EasyecosuperⅡ」の高出力45W形、標準出力40W形、定格出力32W形に相当し、新製品は1台で3役をこなすので、使用状況に合った明るさへの切り替えや、施設の環境計画に沿った消費電力(CO2)削減を実現します。例えば、外光が入る窓際から部屋の中央、奥までの明るさを補正したり、夏場の暑い時期など空調負荷が高い時期に照度を下げて事務所全体の消費電力を計画値に抑えたりすることができます。
2. 既発売の定格出力タイプと新発売の高出力タイプを合わせ、リニューアルから新築まで対応可能
今年1月に発売した「Easyecoもっとecoシリーズ」は定格出力タイプで、既設の照明器具(磁気式安定器を使うラピッド器具)のリニューアルに最適です。今回発売する第2弾は、高周波(Hf)点灯ランプをさらに明るく点灯する高出力タイプなので、照明器具の設置台数を減らすことで省エネ・省コストを実現でき、新築物件や全面的なリニューアルに最適です。
2灯用器具では、既発売の定格出力タイプと新発売の高出力タイプを合わせると、明るさを4700〜9350lm(ルーメン)までの間で選べます。リニューアルから新築まで、幅広いお客様のニーズに対応します。
3. ルーバ設置などの用途変更にも対応可能
新築の場合、部屋の用途やテナントが未定で、必要とする照度が明確でない場合がありますが、新製品は明るさを3段階に変更できるので、用途変更にも迅速かつ容易に対応できます。例えば、将来的に、照明の直接光を和らげるOAルーバの設置を検討している場合、導入当初は70%調光のもっとecoモードで設定しておき、OAルーバ設置後に100%調光の明るいモードに変更すれば、ルーバ導入後の照度低下を防ぐことができます。
お問い合わせ先
三菱電機照明株式会社 照明技術相談センター

TEL: 0120-348-027

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。