ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年4月28日
電シ本No.0803

三菱電機の2名が、大型光学望遠鏡の鏡支持システムの開発で

平成20年度春の「紫綬褒章」を受章

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、すばる望遠鏡に適用した「大型光学望遠鏡の鏡支持システムの開発」が、科学技術上優れ、その功績が顕著であるとの評価を受け、開発者である当社 通信機製作所(兵庫県尼崎市)の伊藤 昇と三神 泉が平成20年度春の紫綬褒章を受章しましたのでお知らせします。

褒章の伝達式は、5月16日(金)にANAインターコンチネンタル東京にて開催される予定です。

受章の経緯

 宇宙の果てを観測し、高エネルギー、高密度の世界における理論物理学の予測を検証するため、光学望遠鏡の大口径化と高精度化が世界的なテーマになっていましたが、1948年に完成したアメリカ合衆国パロマ山天文台の5メートル望遠鏡、1976年に完成した旧ソビエト連邦グレンスカヤ天文台6メートル望遠鏡以降、単一鏡としてより大きな口径の光学望遠鏡は建設されていませんでした。
 当社は、国立天文台のご指導の下、有効口径が8.2メートルという世界最大の単一鏡を持つ反射望遠鏡「すばる望遠鏡」の全システムの開発を推進し、1999年11月、アメリカ合衆国ハワイ島に完成させました。すばる望遠鏡は地上設置の望遠鏡として世界最高の分解能を持ち、130億光年の彼方を観測するなど、世界の天文学に大きく貢献するとともに、日本の技術力の高さを世界に示した例として認められています。
 このすばる望遠鏡には、鮮明な画像と高い分解能を得るために、主鏡の鏡面精度(凹凸)や熱ひずみを、光の波長の0.5マイクロメートルに比べて1桁以上小さな0.01マイクロメートルに抑制する技術が使われています。この技術の根底となる「大型光学望遠鏡の鏡支持システムの開発」は、平成12年度の全国発明表彰で最も優れた発明として評価され、恩賜発明賞を受賞しました。
 今回、「大型光学望遠鏡の鏡支持システムの開発」が、科学技術上優れ、その功績が顕著であるとの評価を受け、当社の2名が平成20年度春の紫綬褒章を受章する運びとなりました。今回の受章は、すばる望遠鏡建設に携わったすべての方々の努力の成果を代表したものであり、関係の方々に深く感謝申し上げます。

受章者

紫綬褒章   三菱電機株式会社   通信機製作所   インフラ情報システム部   主管技師長    伊 藤  昇
紫綬褒章   三菱電機株式会社   通信機製作所     副所長    三 神  泉

主要特許

特許 第2001778号    「鏡面能動支持装置」
特許 第2001779号    「鏡面能動支持装置」
特許 第2111006号    「ミラ−サポート用アクチュエータ」
特許 第2641348号    「反射鏡の生産方法」
特許 第2698242号    「反射鏡の形状矯正方法」
特許 第2895352号    「力制御機構」
特許 第3322255号    「反射鏡アンテナ装置」

すばる望遠鏡建設の経緯

1985年     国立天文台開催の大型光学望遠鏡技術検討会に初回から参加し、技術検討を開始
1988年 鏡支持システムの試作品を完成し、大型光学望遠鏡の実現性にめどを立てる
1991年 すばる望遠鏡の全システムについて国立天文台と契約
(システム設計、望遠鏡本体、制御系、主鏡鏡材、主鏡研磨、ドーム、山頂施設、蒸着装置等の付帯設備等)
1994年 主鏡鏡材完成
1996年 望遠鏡本体と制御系の国内仮組・試験完了
現地(ハワイ島)でのドーム組立完了
1998年 主鏡研磨完了
現地で主鏡を望遠鏡本体に組み込み
カセグレン焦点でファーストライト(初めて星の光を望遠鏡に入れること)に成功
1999年 カセグレン焦点以外の焦点、ナスミス焦点、主焦点での調整・試験完了
すばる望遠鏡を国立天文台へ引き渡し

受章者の略歴

【伊藤 昇(いとう のぼる)】
 1950年7月30日生まれ(兵庫県西宮市出身)
 1975年3月     東京大学工学部機械工学系修士課程修了
 1975年4月 三菱電機株式会社 入社(通信機製作所)
 1991年4月 通信機製作所 衛星通信部 望遠鏡推進グループマネージャー
 1997年4月 通信機製作所 衛星通信部 主管技師長
 1999年9月 Mitsubishi Electric & Electronics USA, Inc.
SUBARU Telescope Engineering Office 拠点長
 2003年9月 三菱電機株式会社 通信機製作所 インフラ情報システム部 主管技師長
   現在に至る(兵庫県尼崎市在住)
【三神 泉(みかみ いずみ)】
 1955年3月9日生まれ(宮城県遠田郡美里町出身)
 1978年3月     東北大学工学部機械工学第2学科卒業
 1978年4月 三菱電機株式会社 入社(通信機製作所)
 1994年4月 通信機製作所 衛星通信部 望遠鏡推進グループマネージャー
 1997年4月 通信機製作所 衛星通信部 すばる望遠鏡プロジェクト部長
 2001年4月 通信機製作所 宇宙通信システム部次長
 2003年4月 通信機製作所 通信情報技術部長
 2005年4月 通信機製作所 通信情報コンポーネント製造部長
 2006年3月 京都大学博士(工学)
 2008年4月 通信機製作所 副所長
   現在に至る(大阪府豊能郡豊能町在住)

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。