ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年6月19日
FANo.0810

オートデスクと三菱電機が、製造装置開発の共同ソリューションで協業に合意

シーケンサと3次元CADの融合により、機械設計と制御システムの双方を効率化

印刷用ページへ

 オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鬼澤盛夫、以下オートデスク)と三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:下村節宏、以下三菱電機)は、FA(ファクトリーオートメーション)分野において、プログラマブルコントローラ(シーケンサ)で制御する各種生産ラインや製造装置の動作を3次元設計ソフトウェアの3次元CADでシミュレーションすることで、製造プロセスを効率化する共同ソリューションの協業に合意しました。

 本ソリューションは、6月25日〜27日に東京ビッグサイトで開催される「第19回 設計・製造ソリューション展」の三菱電機ブースにて紹介します。

協業の背景

 FPD(Flat Panel Display)や半導体、自動車をはじめとする製品は、多種多様で複雑になっており、それらを製造する生産ラインや製造装置も大規模かつ複雑化しています。生産ラインや製造装置の設計・製作においても納期短縮やコスト削減はもちろんのこと、顧客の要求仕様の変更に対して柔軟に対応できることが求められています。

 一方、高度な製造プロセスで構成される近年の製造装置は制御プログラムやデータが大容量かつ複雑化しており、制御プログラム開発やデバッグに要する時間が増大しています。また、装置の動作検証の部分を現地調整の段階で行われることが多く、設計段階での検証は困難であるのが現状です。このため問題点は現地調整時に発見されるなど、納期や仕様の未達に影響する課題がありました。

 今回、3次元設計ソリューションのマーケット リーダーのオートデスクとFA製品分野で実績を持つ三菱電機は、設計時の3次元CAD上で製造装置動作を検証することにより、機械設計と制御システム設計の双方を効率化する共同ソリューションの協業に合意しました。これにより、開発時間やトータルコスト削減を可能にするとともに、ユーザーの様々なご要望にお応えします。

オートデスクと三菱電機の共同ソリューションについて

 本ソリューションは、オートデスクの3次元機械設計用ソフトウェア(Autodesk Inventor)と三菱電機のシーケンサ(MELSEC)実機またはシュミレーションソフトを連携させて、製造装置の3次元モデルを制御プログラムに従って動作させます。3次元モデルでプロトタイプ的に動作を検証することにより、装置設計の初期段階で、完成品の動作を3次元でビジュアルに確認することができます。

 これにより、制御の問題点の洗い出しをはじめ、実機では再現しにくい複合した故障モードへの対応等をデジタル モデルで検証することが可能になります。さらに、制御動作に伴う力・トルク・速度を予め把握することで、装置やコンポーネントの剛性や振動を確認し、装置の制御の主要要素であるセンサー感度、ソフトウェアによる動作制御、装置の剛性等の機械特性を最適化することができます。

 装置の動作シミュレーションや検証を設計の早期段階で行えることから、仕様変更等の顧客の要求に迅速かつ柔軟に対応できます。これにより、工数やエンジニアの人件費を含むコスト削減と、完成品の精度の向上を実現します。また、本ソリューションにより制御プログラムの設計工期を半減することも期待が出来ます。


 

 本ソリューションを実装したプロトタイプを、3次元CADによる機械設計の効率化を進めていた生産設備システムのサプライヤである平田機工株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:米田康三)に、6月末から導入し同社での評価を進めていきます。

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。