ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年7月28日
半導体No.0815

相模地区システム基板事業終息のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、相模地区システム基板事業の終息を決定しましたのでお知らせします。

 当社では、1984年より相模地区にてプリント配線板の生産を開始し、事業規模の拡大および収益力強化に努力してまいりました。しかし、昨今の電子製品の高度化に伴う開発・投資負担の増大と、販売規模の伸び悩みから、今後、当該事業における経営改善が困難と判断し、今般、事業の終息を決定いたしました。本年度中には生産終了の予定です。アフターサービスに関しましては、事業終息後も引き続き対応してまいります。

 本事業に関わる従業員につきましては、より成長の見込まれる事業に配置転換を行う予定です。なお、本事業終息に関わる業績への影響は軽微です。

システム基板工場概要

所 在 地 : 神奈川県相模原市宮下一丁目1番57号[相模事業所内]
工 場 長 : 今村 宗立(いまむら としはる)
生産品目 : プリント配線板[ビルドアップ基板およびインターポーザ基板]
生産規模 : 年間約60億円
従業員数 : 約80名

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。