ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年8月20日
リ本No.0837

冷凍機能に新発想。熱い食品を冷ます手間なく、おいしく冷凍できる「熱いまま“急っと”瞬冷凍」

三菱冷蔵庫 新商品発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、調理したての熱い食品を冷まさずに入れられて、おいしく冷凍できる「熱いまま“急っと”瞬冷凍」を搭載した、冷蔵庫の新商品(Eシリーズ、Bシリーズ)5タイプを9月25日から順次発売します。新商品は熱いご飯などをそのまま冷凍したいというニーズにお応えするもので、時間の短縮はもちろん、食品本来のおいしさが保たれる新しい冷凍機能です。

発売の概要

タイプ 形 名 定格内容積 希望小売価格 発売日 月産台数
氷独立センター開き
(Eシリーズ)
MR-E60P 601L オープン 11月 1日  3,000
MR-E55P 545L  9月25日  5,000
MR-E50P 501L  9月25日  7,000
MR-E45P 445L 11月 5日 10,000
氷独立 片開き
(Bシリーズ)
MR-B42P 415L 11月10日  5,000

発売の狙い

 まとめ買い傾向の増加や、食品の安全志向の高まりから、冷蔵庫には冷凍保存機能の充実が求められています。当社冷蔵庫に搭載の、冷凍した食品がサクッと切れる「切れちゃう冷凍」や、瞬間微粒子凍結で食品をおいしく冷凍できる「瞬冷凍」はその例で、高い評価を得ています。冷凍保存機能に対する最近のご要望では、熱いご飯などをそのまま冷凍したいというニーズが大変高くなっています。

 そこで当社は、食品を熱いまま、冷まさずに入れられて、しかも「瞬冷凍」でおいしく冷凍できる「熱いまま“急っと”瞬冷凍」を新たに搭載しました。冷凍前の手間を短縮し、さらなるおいしさを提案します。

 また新商品は、従来機種と同じ据付面積で容量を増やし、大容量の冷凍室をすっきり収納する「空間上手 動くんバー」も新たに搭載しました。消費電力量の少ない、おいしくて便利な冷蔵庫です。

新製品の特長

1. 業界初※1、温感ムーブアイ搭載で食品を狙って冷やす、「熱いまま“急っと”瞬冷凍」を新搭載
瞬冷凍ルーム(切替室)に調理したての食品を熱いまま入れられ、しかも瞬間微粒子凍結の「瞬冷凍」でおいしく冷凍する「熱いまま“急っと”瞬冷凍」を新搭載しました。瞬冷凍ルーム(切替室)の可動式赤外線センサー「温感ムーブアイ」が、熱い食品の温度とエリアを素早く感知し、「ツインダンパー」で冷気を吹き分けて、熱い食品を急速に冷ました後、「瞬冷凍」で凍結します。周囲の食品への影響はほとんどなく、熱いものをそのまま上質に冷凍できます。
※1: 2008年8月20日現在。可動式の赤外線センサーで、食品の温度を管理するシステム。
2. 業界トップクラスの大容量化を実現し、「動くんバー」で大容量冷凍室の収納をアシスト(Eシリーズ)
Eシリーズは、前年モデルのGシリーズと同じ外形寸法※2ですが、冷凍室を中心に約30L内容積を拡大し、業界トップクラスの内容積効率約60%を達成※2しました。Eシリーズは、業界最大容量※3となる601Lをはじめ4系列をラインアップし、冷凍室には、大きさや形状の異なる冷凍食品を、ケース内にきちんと整理できる「空間上手 動くんバー」を新搭載しました。
※2: MR-E45Pは、前年同等モデル(MR-G42N)に対し、高さのみ1cmプラス。内容積効率は約57%
※3: 2008年8月20日現在。国内製家庭用冷蔵庫において(当社調べ)。
3. 年間消費電力量削減や見える「ECO」モード機能搭載で、さらなるエコ(Eシリーズ)
Eシリーズは、前年モデルのGシリーズよりも消費電力量を削減しました。また、今般新たに、電力を抑えめに運転する「ECO」モード機能を搭載しました。運転状況は操作パネルに葉っぱと「ECO」のマークで表示し、省エネの見える化を提案します。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 三菱電機お客さま相談センター

TEL: 0120-139-365

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。