ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年8月27日
リ本No.0838

2011年度中に年間生産能力600MW体制へ

太陽光発電システム 太陽電池セル第2工場 建設のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、太陽光発電システムの急速な需要拡大に対応して、太陽電池セルの生産能力を拡大することとし、中津川製作所飯田工場(所在地:長野県飯田市)内に新たに太陽電池セル第2工場を建設しますのでお知らせします。

 2011年度中に、現在の年間生産能力150MWの4倍にあたる600MW体制確立を目指し、これまで2012年度中の確立を目標としていた500MW体制への設備投資計画を上積みして前倒しします。

太陽電池セル第2工場

太陽電池セル第2工場

発売の概要

2003年
9月
2004年
6月
2005年
4月
2007年
8月
2008年
10月
2011年度
(計画)
セル年間生産能力※1 50 90 135 150 220 600
※1: 太陽電池セル第1工場と第2工場の生産能力の合計、単位:MW(メガワット)

投資金額

 2011年度までに太陽光発電システム製造設備に約500億円を投資する計画です。

太陽電池セル第2工場概要

所在地 長野県飯田市(当社中津川製作所飯田工場内)
建築面積 5,710m2
延べ床面積 約24,000m2
竣工予定時期 2009年12月
備考 屋上には太陽光発電システムを設置し、生産におけるCO2排出量を削減

工場建設の狙い

 2008年7月に開催された「北海道洞爺湖サミット」の「エネルギー安全保障と気候変動に関する主要経済国首脳会合宣言」で太陽光発電など再生可能エネルギーの利用促進の必要性が採択されたように、太陽光発電システムの世界市場規模※2は2007年度の1,950MWから、2011年度には4,430MW程度と見込まれ、さらなる需要拡大が予測されます。
 三菱電機グループは2007年10月、環境経営における長期ビジョン「環境ビジョン2021」を策定し、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する取り組みの1つとして、太陽光発電システムのさらなる普及と発電効率向上を掲げました。現在は、年間生産能力を2008年10月から220MW体制とすべく、準備を進めています。
 当社は、「エネルギー安全保障と気候変動に関する主要経済国首脳会合宣言」などを踏まえ、太陽光発電システムの急速な需要拡大に対応するため、太陽電池セルの生産能力を拡大することとし、中津川製作所飯田工場の太陽電池セル第1工場に隣接して、新たに太陽電池セル第2工場を建設します。
※2: 当社調べ

今後の展開

 当社は、生産体制の強化を進めるとともに、世界最高※3の光電気変換効率※4 18.6%※5を達成した多結晶太陽電池セルを今後製品化し、業界トップ※6の電力変換効率97.5%を誇るパワーコンディショナと組み合わせて、効率の良い太陽光発電システムのさらなる普及促進に努め、地球環境保全と持続可能型社会の実現に貢献してまいります。 また、当社では薄膜太陽電池についても研究・開発を進めており、市場動向を見極めつつ、事業化を判断してまいります。
※3: 2008年8月27日現在。実用的な150mm角サイズの多結晶シリコン太陽電池セルにおいて(試作品、当社調べ)
※4: 太陽光の光エネルギーを電気エネルギー(直流)に変える効率
※5: 変換効率の公的認証機関である産業技術総合研究所(AIST)における評価結果
※6: 2008年8月27日現在。国内住宅用太陽光発電システム向けパワーコンディショナの量産機種において
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 三菱太陽光発電技術相談センター

TEL: 0120-314-382 受付時間/9〜12:00、13〜17:00(土日祝祭日・当社休業日除く)

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。