ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年8月28日
FANo.0812

シーケンサ・表示器のFA製品とマシンビジョンの融合により、製造装置の最適制御を実現

三菱電機とコグネックスが、FA市場での製品連携を強化

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:下村節宏、以下三菱電機)とコグネックス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:井上誠、以下コグネックス)が、FA(ファクトリーオートメーション)製品の連携を強化していくことに合意しました。

 三菱電機製シーケンサおよびコグネックス製マシンビジョンとの通信の親和性向上をはじめ、順次製品連携を強化していきます。

 今後、三菱電機とコグネックスの両社で、FA製品とマシンビジョンを連携することにより製造装置の最適制御を実現し、FA現場での生産性・品質向上のニーズにきめ細かく対応していくことを目指します。

連携の背景

 工場の生産現場においては、品質向上への要求が高まる一方、生産性向上のための自動化が進み、人間の目による検査や位置決めに代わって機械が対象物を認識するマシンビジョンの採用が増えています。マシンビジョンとシーケンサなどの制御機器を連携させて処理を行う工程も多くなり、最適な制御が求められています。

 さらに、製品ライフサイクルが短くなる中、生産ラインの立ち上げ期間を短縮するため、製造装置の設計・製作・調整期間の短縮や、変更への柔軟な対応が求められ、マシンビジョンを含む生産システムにも早期立ち上げが強く求められています。

 今回、FA製品分野で多くの実績を持つ三菱電機とマシンビジョンのテクニカルリーダーであるコグネックスは、双方の製品の接続性の向上やシームレスな通信の連携を行い、マシンビジョンを組み込んだ生産システムの設計と立ち上げ期間の短縮を実現するほか、最適な制御を実現するモニター機能の向上などを進め、ユーザーのご要望に対応します。

三菱電機とコグネックスの連携について

 今回の製品連携では、三菱電機製シーケンサ「MELSEC-Qシリーズ」、表示器「GOT1000シリーズ」とコグネックス製マシンビジョン「In-Sightシリーズ」との接続性を高めます。

 第一段階としてこのたび、コグネックス製マシンビジョンは、三菱シーケンサの通信プロトコルである「MCプロトコル」と「CC-Link」に対応しました。この接続性の改善により、ユーザーのシステム設計期間の短縮が可能になります。

 今後は、マシンビジョンと、複雑な位置決め制御を行うモーションコントローラとの接続性向上や機能連携など、技術的な相互協力を加速します。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 機器事業部 機器計画部 制御システムグループ

TEL: (03)3218-6610 FAX: (03)3218-6823

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。