ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年9月3日
通信No.0805

FOMA不感エリアの解消とホームエリア連携サービスの活用に貢献

NTTドコモの「高性能フェムトセル用超小型基地局装置」に当社提案装置が採用

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)のホームエリア連携サービスの提供に活用が予定される「高性能フェムトセル用超小型基地局装置」に当社提案装置が採用されましたのでお知らせします。

経 緯

 NTTドコモは、より充実したサービスエリアの提供に向け、屋外はもちろん屋内の不感エリア解消にも注力しており、その対策として2007年秋からFOMAの電波が届きにくい家庭内や小規模店舗など限られた範囲を低コストでエリア化できる「フェムトセル用超小型基地局装置※1」の運用を開始しました。総務省においてもフェムトセル基地局の円滑な導入および活用に向け、電波法改正や運用ガイドラインの取りまとめを進めている状況にあります。不感エリアの解消を進める一方で、ますます大容量化する動画コンテンツ等に対応する高速データ通信の提供が期待される中、NTTドコモはフェムトセル用超小型基地局装置をさらに高速化、低消費電力化し、魅力あるホームエリア連携サービスの提供に活用することを予定しています。
 当社は、2007年7月より「フェムトセル用超小型基地局装置」をNTTドコモに納入するとともに、高速化、低消費電力化等を目指した「高性能フェムトセル用超小型基地局装置」の開発に取り組んでおります。
 このたびの当社提案装置の採用は、当社の「フェムトセル用超小型基地局装置」の実績とNTTドコモがホームエリア連携サービスを提供する上で必要とする技術開発力が評価されたものと考えております。  当社では、商用化に向けた開発を行うとともに、今後もフェムトセル用超小型基地局装置の性能向上に注力し、ますます多様化・高度化する移動体通信サービスを支えてまいります。
※1: 半径数十メートルのエリア(フェムトセル)をカバーする屋内用の超小型化基地局装置

提案装置の特長

1. HSPAの最高伝送速度に対応
3GPP※2の3.5G※3に準拠したHSPA(High Speed Packet Access)のデータ伝送の最高速度(ダウンリンクで14.4Mbps、アップリンクで5.7Mbps)に対応します。
※2: 第3世代(3G)携帯電話の標準化を行うプロジェクト
※3: 第3世代(3G)携帯電話のデータ通信速度を向上させた規格の総称
2. 低消費電力化
新開発するLSIと無駄のない回路動作により、さらなる低消費電力化を実現します。
3. Plug & Play機能
装置を自宅のブロードバンド回線に接続するだけで、自動的に各種パラメータを取得し、ユーザーの設定作業なしに運用可能とするPlug & Play機能を搭載します。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社
 通信システム事業部 NTT営業部

TEL: (03)3218-6432 FAX: (03)3218-6458

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。