ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年10月24日
リ本No.0851

フルハイビジョン映像の5倍長時間録画を実現し、見どころだけを時短視聴できる

三菱ブルーレイディスクレコーダー「REALブルーレイ」シリーズ新発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、デジタル放送のフルハイビジョン(表示画素数:水平1920×垂直1080)映像の5倍※1長時間録画と記録型DVDへのフルハイビジョン記録が可能で、映画やドラマ、スポーツ、音楽など、さまざまな番組の見どころだけを早見(時短視聴)もできるブルーレイディスクレコーダー「REAL ブルーレイ」シリーズの新製品を11月21日から発売します。

※1: HDD、ブルーレイディスクに、BS・110度CSデジタルのハイビジョン映像(約24Mbps)を

DRモード(放送波そのままのビットレート)とAEモード(約4.7Mbps)で録画した場合の比較

ブルーレイディスクレコーダー「REALブルーレイ」

ブルーレイディスクレコーダー「REALブルーレイ」

発売の概要

商 品 名 形  名 HDD 希望小売価格 発売日 月産台数
HDD搭載ハイビジョン
ブルーレイディスクレコーダー
DVR-BZ110 250GB オープン 11月21日 5,000台

発売の狙い

 近年のレコーダーは、地上デジタル放送エリアの拡大やハイビジョン放送の充実に伴い、高画質映像の長時間録画ニーズが高まっています。また、HDD搭載レコーダーが一般的となり、HDDに録画しておいた番組を、時間のある時に早見(時短視聴)するというスタイルが増えてきています。
 当社は今回、フルハイビジョン映像の5倍※1長時間録画と記録型DVDへのフルハイビジョン記録を実現し、「オートカットi※2」「ハイライト再生※3」「楽曲再生※3」機能の搭載により、さまざまな番組の見どころだけを視聴できるブルーレイディスクレコーダーの新製品を発売します。また、これらの機能により、ブルーレイディスクよりも価格の安い記録型DVDに見どころを高画質で残すという使用も可能です。
※2: セットアップ画面で、「入(本編用)」と「入(CM用)」のどちらかを選択しておく必要があります
※3: セットアップ画面で、ハイライト再生情報を「生成する」を選択しておく必要があります

新製品の特長

1. MPEG-4 AVC/H.264映像圧縮方式の採用により、フルハイビジョン映像の5倍長時間録画を実現
MPEG-4 AVC/H.264映像圧縮方式の採用により、フルハイビジョン映像をフルハイビジョン画質のまま、HDDやブルーレイディスクに最大で約5倍※1の長時間録画※4が可能です。
※4: AEモード
2. AVCREC規格対応により、記録型DVDへのフルハイビジョン記録を実現
フルハイビジョン映像をブルーレイディスクBD-RE/-Rに記録するのと同様に、記録型DVDへフルハイビジョン映像を記録するために策定されたAVCREC規格に対応しているので、フルハイビジョン映像をDVD-R/-RW(片面1層、4.7GB)に5倍長時間録画モード※4で最大約2時間記録ができます。
3. 「オートカットi」「ハイライト再生」「楽曲再生」機能により時短視聴が可能
「オートカットi※2」「ハイライト再生※3」「楽曲再生※3」機能の搭載により、予約録画した番組の本編部分またはCM部分のみの再生や、スポーツ番組のハイライトシーン(盛り上がり)や音楽番組の歌や演奏シーンのみを再生でき、見どころだけを通常の視聴よりも短い時間で視聴できます。
4. 「REALINK」機能により、液晶テレビ「REAL」との連携操作が可能
当社液晶テレビ「REAL」とHDMIケーブルで接続すると、「REALINK※5」機能によりテレビとレコーダーを連携して操作することができます。
※5: REALINK:リアリンク。 当社リアリンク対応液晶テレビとの組み合わせ時
5. ヘルプ機能「使いかたナビ」で不明な点もその場で解決
「使いかたナビ※6」で実行したい機能を選択すると、テレビ画面に機能の説明や操作方法を表示します。機能の説明を読んだ後に「決定」キーを押すと操作画面へジャンプ※7するので、不明な点もその場で解決できます。
※6: 「使いかたナビ」は株式会社カナックの登録商標です
※7: 実行までサポートしている項目のみ
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 三菱電機お客さま相談センター

TEL: 0120-139-365

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。