ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年10月28日
FANo.0816

基本演算性能を向上し高速制御でタクトタイム短縮と高精度加工を支援

三菱数値制御装置「MITSUBISHI CNC M700Vシリーズ」発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、数値制御装置(CNC)の新製品として、基本演算性能を向上し、タクトタイムの短縮と高精度加工を支援するハイグレードモデル「M700Vシリーズ」6機種を2009年1月5日から発売します。

 本製品は、「第24回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2008)」(10月30日〜11月4日 於:東京ビッグサイト)に出展します。

数値制御装置「MITSUBISHI CNC M700Vシリーズ」

数値制御装置「MITSUBISHI CNC M700Vシリーズ」

発売の概要

製品名 主な仕様 価 格 発売日 生産台数
MITSUBISHI CNC
M720VS/M730VS/
M750VS
最大制御軸数16軸
表示器8.4インチ又は
    10.4インチ(選択仕様)
    制御ユニット一体型
個別システム
見積りによる
2009年
1月5日
月産
1,000台
MITSUBISHI CNC
M720VW/M730VW/
M750VW
最大制御軸:16軸
表示器10.4インチ又は
    15インチ(選択仕様)
    Windows XP搭載

発売の狙い

 近年、自動車や電子機器などの構成部品は微細化が進み、それを加工する工作機械には高い精度と生産性が要求され、それらを制御する数値制御装置(CNC)にも高精度はもとより高い演算性能や機能性、操作性の向上などが求められています。

 このたび当社は基本演算性能の大幅な向上を図り、精密で複雑な金型加工や同時5軸加工、複合旋盤の高速・高精度加工などを実現し、タクトタイム短縮を支援するハイグレードモデル「MITSUBISHI CNC M700V」シリーズを発売します。

新製品の特長

1. 高速制御でさらなるタクトタイム短縮に貢献
独自開発のCNC専用高速LSIの搭載により、従来のM700シリーズと比べ、プログラム演算能力が1.12倍に、マクロ演算能力が2倍に、PLC※1処理能力が5倍になるなど、基本演算性能が大幅に向上しました。
これにより1mmピッチでNCプログラムを実行する場合、微小線分送り速度は従来のM700シリーズの毎分135mから毎分151m※2へと高速化し、タクトタイムの短縮や生産性の向上が図れます。
※1: Programmable Logic Controller
※2: 対応機種M730VS/M750VS/M730VW/M750VW
2. 独自の新機能で高品位な5軸精密加工を実現
さまざまな5軸加工に適用できる工具先端点制御や、工具の姿勢変化を平滑化して工具の振動を抑制する回転軸プレフィルタ機能を搭載しました。また、NCプログラムの微小な段差を滑らかに補正するSSS※3制御は従来の同時3軸から同時5軸に対応が可能となり、滑らかな金型加工を実現します。
※3: SSS=Super Smooth Surface(指令形状や速度にほとんど影響されず、安定して高品位加工をする制御)
3. コンパクトなスタンダードモデルとWindows搭載モデルをラインアップ
スタンダードモデル(M720VS/M730VS/M750VS)は表示器と制御ユニットを一体型構造とし省スペース・省配線を図りました。さらに、消費電力を従来のM700シリーズと比べ66%削減し、省エネを実現するとともに、発熱が減少するので制御盤の小型化にも貢献します。
また、Windows XP機能を搭載したモデル(M720VW/M730VW/M750VW)は操作画面上で、機械メーカ独自のCAM機能やデータ管理機能の開発が容易に行えます。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 産業メカトロニクス事業部 NC事業推進部

TEL: (03)3218-6570 FAX: (03)3218-6822

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。