ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年10月28日
リ本No.0852

米国カリフォルニア州の果樹園に、1.2MWの太陽電池モジュールを納入

米国リモネイラ社果樹園向け太陽電池モジュール納入のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、1.2MW(メガワット)の無鉛はんだ太陽電池モジュール※1を、レモンなどのかんきつ類を栽培・販売する米国のリモネイラ社(Limoneira Company、本社:カリフォルニア州ベンチュラ郡、社長兼最高経営責任者:Harold Edwards)の果樹園向けに納入しましたのでお知らせします。総設置面積は東京ドーム約2分の1の広さにあたる約22,260m2です。

※1: モジュールの鉛使用量がゼロ(0g)で、製品自体の環境への負荷を低減したモジュール

米国リモネイラ社果樹園向けに納入した太陽電池モジュール

米国リモネイラ社果樹園向けに納入した
太陽電池モジュール

納入の概要

製品 納入先 納入
時期
据付会社 設置容量 総設置
面積
期待年間
発電電力量
無鉛はんだ
太陽電池モジュール
(PV-UD185MF5)
6,400枚
リモネイラ社
所有の果樹園※2
2008年
10月
パペチュアル・パワー社
(Perpetual Power)
1.2 MW
(1200 kW)
約22,260m2 2,000,000 kWh

※2: 所在地:カリフォルニア州サンタ・ポーラ市

背景

 米国では、原油価格高騰に伴うエネルギーコストの上昇や、環境貢献意識の向上などから、製造業や小売業を中心とした商業分野で太陽光発電システムの導入が急速に伸びています。

 日本にもレモンなどを輸出しているリモネイラ社では、中長期的視野に立って財務面での健全性を向上させ、環境面での負荷を軽減するため、非再生可能エネルギーへの依存度を下げることとし、総電力使用量の約3分の1に相当する発電量が期待できる太陽光発電システムを導入しました。導入に際して、環境面での負荷軽減を重視するリモネイラ社は、製品自体の環境負荷が小さい当社の無鉛はんだ太陽電池モジュールを高く評価し、納入につながりました。

設置状況

 太陽電池の周囲には草木が植えられており、砂埃がモジュール表面に堆積して発電量が低下するのを抑制します。草木は羊に食べさせて、太陽光を遮らない高さに維持されます。

 果樹園の来訪者が太陽電池を見学できるデッキも併設されています。

米国向けの主な納入実績

納入先 業態 納入時期 容量(kW)
Costco Kona 大規模小売チェーン ハワイ州 2008年1月 680
Costco Kauai 大規模小売チェーン ハワイ州 680
Costco San Luis Obispo 大規模小売チェーン カリフォルニア州 550
Costco Goleta 大規模小売チェーン カリフォルニア州 550
Sierra Nevada Brewery ビール製造会社 カリフォルニア州 1250
Far West Rice Mills 精米会社 カリフォルニア州 2008年6月 1000
Universal Forest Products 材木製品会社 カリフォルニア州 2008年8月 600
Constellation Wines ワイン製造会社 カリフォルニア州 2008年10月 1250

今後の展開

 当社は、米国や欧州などでの太陽電池市場の拡大を見込み、2011年度中に600MW生産体制の確立を計画しています。北米では、システムインテグレーターなどのビジネスパートナーとの関係を強化し、全米に販売エリアを拡大していきます。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 中津川製作所 営業部 太陽光発電システム海外営業課

TEL: (0573)66-8019 FAX: なし

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。