ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年11月17日
リ本No.0854

業界初 LED光源を採用した長時間定格形誘導灯

三菱 LED高輝度誘導灯「ルクセントLEDsシリーズ」 新製品発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、災害時の避難口や通路を表示するLED※1高輝度誘導灯「ルクセントLEDsシリーズ」の新製品として、避難に時間を要する大規模・高層施設向けの長時間定格形※2全8機種を11月21日から発売します。当社は今後とも、各種誘導灯におけるLED光源の採用を進め、誘導灯のオールLED化を目指します。

※1Light Emitting Diode:発光ダイオード
※2:非常時(停電時)に60分間(通常一般形は20分間)点灯を定格とする誘導灯

LED高輝度誘導灯「ルクセントLEDsシリーズ」

LED高輝度誘導灯
「ルクセントLEDsシリーズ」

発売の概要

LED高輝度誘導灯
長時間定格形
形名 希望小売価格(税抜) 発売日
片面 両面 片面 両面
壁・天井
直付形
C級 KSH1951H KSH1962H 68,900円 77,300円 11月21日
B級BL形 KSH2951H KSH2962H 81,500円 90,300円
B級BH形 KSH4951H KSH4962H 104,200円 119,700円
壁埋込形 B級BL形 KYH2951H 93,500円
B級BH形 KYH4951H 120,200円
   ・B級・C級はサイズの違い、BL形・BH形は表示面の明るさをあらわす。詳細はP3を参照
   ・希望小売価格は、避難口用と通路用に使い分ける表示板の価格も含む

発売の狙い

 近年、地球規模で温暖化が進む中、二酸化炭素(CO2)の排出量削減が社会的な使命となっており、照明分野では高効率で長寿命のLEDが次世代光源として期待されています。

 当社の「ルクセントLEDsシリーズ」は、このLEDを光源とするコンパクトな誘導灯です。2000年4月に壁・天井直付形と壁埋込形C級タイプを、業界に先駆けて発売して以来、2008年4月には誘導灯の中で高い構成比を占める壁・天井直付形B級タイプを発売し、汎用ゾーンの誘導灯にLED光源を採用したことで、当社誘導灯のLED化率は80%に達しました。

 当社は今回、残る20%の誘導灯製品のLED化として、避難に時間を要する大規模・高層施設向けに、60分間点灯する長時間定格形のLED誘導灯を発売します。今後は残る誘導灯製品について順次LED化を進め、誘導灯のオールLED化を目指します。

新製品の特長

1. LED光源採用により、省エネ、省施工。環境配慮に貢献
長時間定格形誘導灯に業界で初めてLED光源を採用したことにより、冷陰極ランプと比べC級タイプで最大約45%、B級タイプで最大約14%の省エネを実現※3しました。LEDの電源は低電圧のためアース線工事が不要で施工性が良く、低温特性も優れているのですぐ点灯し出力も落ちません。さらに有害物質の水銀を含まないので環境配慮にも貢献します。
※3: 当社従来品C級KSH1851HA及びB級KSH2851HAとの比較
2. 片面灯で35mm、両面灯では45mmの業界最薄の器具厚さを実現(壁・天井直付形)
コンパクトなLED光源の採用と器具の放熱設計の工夫により、壁・天井直付形誘導灯の器具厚さを従来比※4 最大25mm薄くし、片面灯では35mm、両面灯では45mmという業界最薄の厚さを実現しました。また、長時間定格ながらも形状は通常の20分定格と同一のため、併用しても空間の一体感と統一性を保てます。
※4: 新製品KSH1851HA(片面灯)と、冷陰極ランプ使用の当社従来品KSH1951H(片面灯)との比較
3. 自己点検機能を標準装備。リモコンでの点検も可能で、定期点検作業を効率化
お問い合わせ先
三菱電機照明株式会社 照明技術相談センター

TEL: 0120-348-027

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。