ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年12月2日
電シ本No.0807

国産標準衛星バス「DS2000」により、国際商用通信衛星市場に初参入

シンガポールと台湾の次期商用通信衛星「ST-2」を受注

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、シンガポールSingapore Telecommunications Limited(以下、SingTel)と台湾Chunghwa Telecom Company Limited(以下、Chunghwa)から、両社の共同調達による次期通信衛星「ST-2」※1を受注しましたのでお知らせします。

 今回の受注により、日本のメーカーとしては初めて自社製の国産標準衛星バスで国際商用通信衛星市場に参入することになります。

※1:SingTelとChunghwaが共同所有する商用通信衛星「ST-1」の後継衛星です。

当社の商用衛星への取り組み

 当社は1969年の宇宙開発事業団※2(NASDA)発足以来、NASDAの推進する国内衛星開発プロジェクトの半数近くに主契約者として参画し、今日の日本の宇宙開発におけるリーディングメーカーとしての地位を築いてきました。また、320以上の海外衛星プロジェクトにも衛星部品の供給などで参画してきました。
 「ST-2」の提案には、当社の国産標準衛星バス「DS2000」を用いました。「DS2000」は、NASDAの技術試験衛星Ⅷ型「きく8号」をベースに開発したもので、「DS2000」を採用した衛星の運用実績(軌道上実績)として、国土交通省/気象庁の運輸多目的衛星新2号「ひまわり7号」と、スカパーJSAT株式会社の「スーパーバードC2号機」があります。信頼性を確保しつつコスト削減が可能で、SingTelとChunghwaから納期や契約形態を含めて総合的な評価を得て、受注に至りました。
 今回の受注により、当社は「DS2000」で国際商用通信衛星市場に初めて参入することになります。
※2: 2003年10月1日に宇宙科学研究所、航空宇宙技術研究所と共に、現在の宇宙航空研究開発機構(JAXA)に統合。
「ST-2」のイメージ写真
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 商用衛星営業部

TEL: (03)3218-9636 FAX: (03)3218-3314

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。