ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年12月3日
開発No.0815

テレビ番組リマインドサービスおよび独居高齢者見守り・健康サポートサービスの実証実験

情報家電の高度利活用技術の研究開発に関するフィールド実証実験の実施について

印刷用ページへ

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下NTT Com、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才博美)と、三菱電機株式会社(以下三菱電機、本社:東京都千代田区、執行役社長:下村節宏)は、総務省が平成18年から平成20年の間に実施する「情報家電の高度利活用技術の研究開発」に基づき、実験協力企業との連携のもと、情報家電の利活用モデルを技術面、運用面の検証・評価のためフィールド実証実験を実施します。

1. 背景・目的

 昨今のユビキタス社会の進展に伴い、家庭内において情報家電端末の利用シーンが増えています。情報家電および情報家電向けのサービスが家庭内に一層浸透していくためには、利用者個々の特性や要望に応じたサービスを「簡単」・「安心」・「安全」に利用できる環境が求められています。

 本フィールド実証実験では、情報家電を「簡単」・「安心」・「安全」に利用していくために、NTT Comと三菱電機が開発した、情報家電の設定を簡素化する技術や高度な認証技術(別紙1参照)を検証・評価するとともに、実験協力企業と連携し情報家電を用いた新たな利活用モデルの有用性を評価します。

2. 実験概要

テレビ番組リマインドサービス「かざしてリマインダー(仮称)」実証実験

・協力企業日本テレビ放送網株式会社(以下日本テレビ)
(本社:東京都港区東新橋1-6-1、代表取締役 社長執行役員 久保伸太郎)
・実験内容テレビ番組広告と番組リマインドメール登録が一体となったサービスにて、設置機器端末へのソフト
ウェア配信のシステム負荷・レスポンスタイムなどの検証・評価を実施します。
モニターの方は、おサイフケータイ*1をかざすだけの簡単な操作で、手軽にサービスの登録が可能です。
別紙2参照
・実験期間平成20年12月3日〜12月12日(予定)
・実験場所
日本テレビ 本社2階受付ロビー(東京都港区東新橋1-6-1)
NTT Com NTT日比谷ビル1階受付ロビー(東京都千代田区内幸町1-1-6)
 汐留ビルディング11階受付ロビー(東京都港区海岸1-2-20)
三菱電機 情報技術総合研究所技術検証スペース(神奈川県鎌倉市大船5-1-1)
・対象モニター実験期間中に日本テレビとNTT Comにお越しいただければ、だれでも体験ができます。
独居高齢者見守り・健康サポートサービス「みまもりアシスト(仮称)」実証実験

・協力企業安全センター株式会社(以下安全センター)*2
(本社:東京都大田区山王1-3-5、代表取締役社長 関根広和)
・実験内容独居高齢者宅のドア、ふすま、冷蔵庫などに振動センサを取り付け、家庭内での
活動情報を機器認証によるセキュアなネットワークを介して蓄積・解析します。
これにより、人のアルゴリズム情報をソフトウェア配信機能により変更することでの
システム負荷・レスポンスタイムなどの検証・評価します。
モニターの方に対しては、蓄積した情報から健康状況や安否状況を把握し、安全センターの
「健康・医療型緊急通報サービス*3」を補完します。
別紙3参照
・実験期間平成20年12月上旬〜平成21年1月下旬
・実験場所東京都練馬区、千葉県柏市
・対象モニター安全センター「健康・医療型緊急通報サービス」利用者

3. 今後について

 NTT Comと三菱電機は、今回のフィールド実証実験で得た成果を学会等へ発表し、広く標準化を進めるとともに、今後も情報家電を用いた安心・安全・便利なインタ−ネットサービス利用に関する研究開発を進め、情報家電利用者への新しい価値、ライフスタイルの提案や、新たなビジネス機会の創出に取り組みます。

*1: おサイフケータイ:『おサイフケータイ』は株式会社NTTドコモの登録商標です。
*2: 安全センター株式会社:
緊急通報サービス事業、健康支援サービス事業など、「コミュニケーションと技術で健康を支援し安心を提供
する。」ことを目指し、さまざまなヒューマン・ヘルスケアサービスを展開しています。
*3: 健康・医療型緊急通報サービス:
安全センターで提供している本サービスは、看護師をはじめとする専門スタッフが24時間・365日常駐し、
親身な対応で通報しやすい環境を作り通報率を高め、緊急事態には、救急車の出動依頼や関係者に連絡など、
迅速・的確な対応で救命率を高めるサービスです。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。