ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2008年12月5日
生産No.0802

CO2削減に貢献する製品・技術をご紹介

「エコプロダクツ2008」出展のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、12月11日(木)から13日(土)まで東京ビッグサイトで開催される環境総合展示会「エコプロダクツ2008」に、「かけがえのない地球を未来の人々と共有するために〜エコテクノロジーで貢献する三菱電機グループ〜」をテーマに出展します。

 「電力を生み出す」「製品をつくる」「製品をつかう」「製品を(材料に)戻す」という、地球温暖化防止に関わる各プロセスにおいて、CO2削減に貢献するエコテクノロジーと、それを活かした製品・事業を、わかりやすく、楽しくご紹介します。

「エコプロダクツ2008」の出展概要(展示ゾーンと主な製品紹介)

出展ブース : 東京国際展示場(東京ビッグサイト) 東4ホール(NO.4015)
1. メインステージとブースツアー
メインステージでは、三菱電機グループが保有するエコテクノロジーの中から、モーター技術と半導体/インバーター技術、ヒートポンプ技術を取り上げ、これらの技術の仕組みや、なぜCO2削減に大きな役割を果たすのか、といったことをナレーター2人が実演を交えながら、わかりやすくご紹介します。 「電力を生み出す」「製品をつくる」「製品を使用する」「製品を材料にもどす」の各ゾーンを回るスタディーツアー(ブースツアー)やスタンプラリーへの参加者には、「ユニ&エコ」※1グッズをプレゼントします。
※1: より多くの人に使いやすい快適なユニバーサル・デザインと、環境に配慮したエコロジーの両立を目指す家電商品群のトータルブランド
2. 「地球を見守る」ゾーン
宇宙から温室効果ガスの分布を観測する人工衛星「いぶき」(GOSAT)を模型展示と説明映像でご紹介します。当社は人工衛星の一貫生産メーカーとして、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、国立環境研究所、環境省の共同プロジェクトであるGOSAT計画に参加し、センサーを除く衛星本体の開発を取りまとめ担当しています。
3. 「電力を生み出すゾーン」
太陽光発電の仕組みをわかりやすく解説しながら、そのなかで重要な役割を担うセルからパワーコンディショナーまで、高効率に変換する当社製品のエコテクノロジーをご紹介します。
4. 「製品をつくるゾーン」
工場における省エネのポイントとなる “エネルギー消費の見える化”、“高効率機器導入などの対策”、“ITを使った運営・管理”のコンセプトと、それぞれに対応した製品群(省エネ支援機器エコモニター、励突抑制開閉器エネセーバ、CNC数値制御装置、環境経営推進ソリューションMELGREEN等)をご紹介します。
5. 「製品をつかうゾーン」
家庭、オフィス、交通の3つのシーンに分け、ヒートポンプをはじめとするエコテクノロジーと、CO2削減に向けて「見える化」機能を搭載したルームエアコン等の省エネ家電、セキュリティーソリューション「DIGUARD」を活用したオフィス向け省エネ提案、自動車のCO2排出削減に貢献する電動パワーステアリング等をご紹介します。
6. 「製品を戻すゾーン」
当社独自の比重選別技術と静電選別技術により、使用済み家電製品の混合プラスチックから主要3大プラスチック(PP、PS、ABS)を99%以上の高純度で回収し、当社家電製品に再利用する自己循環リサイクルの取り組みを、サンプルとデモンストレーションでわかりやすくご紹介します。

 ■三菱電機ブースのご紹介:http://www.MitsubishiElectric.co.jp/info/tenjikai/

 ■「エコプロダクツ2008」公式サイト:http://eco-pro.com/

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。