ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年1月15日
半導体No.0902

高輝度・インバーターレス・長寿命の白色LEDバックライトシリーズを拡充

三菱カラーTFT液晶モジュ−ル「DIAFINE」産業用10.4型発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、TFT液晶モジュール「DIAFINE」の産業用新製品として、白色LED※1バックライトを用いることで高輝度・インバーターレス・長寿命を実現した、10.4型TFT液晶モジュール4機種を3月上旬から発売します。

※1  Light Emitting Diode:発光ダイオード

カラーTFT液晶モジュ−ル「DIAFINE」産業用10.4型

カラーTFT液晶モジュ−ル「DIAFINE」産業用10.4型

発売の概要

製品名 形 名 輝度
(cd/m2
サンプル価格
(税抜き)
サンプル
出荷日
月産台数
10.4型VGA
TFT液晶モジュール
AA104VH02  800 65,000円 3月  1日 3,000台
AA104VH12 1500 80,000円 3月 15日 2,000台
10.4型XGA
TFT液晶モジュール
AA104XD02  600 70,000円 3月  1日 3,000台
AA104XD12 1000 85,000円 3月 15日 2,000台

発売の狙い

 TFT液晶モジュールはさまざまな用途で需要が拡大しており、最近では屋外での使用も増えていることから、明るい場所でも見やすい高輝度タイプや過酷な温度環境での動作保証が求められています。また、従来のバックライト光源に用いられているCCFL※2は、点灯用の高電圧インバーターと高電圧部周辺の安全対策やノイズ対策を必要とするほか、水銀を含むので、外付けの回路が少なくてすみ水銀不使用の光源が望まれていました。
 当社はこれまで、バックライトの光源に白色LEDを用いることで、高輝度ながらも高電圧インバーターが不要で、水銀フリーの5.7型、6.5型、8.4型、12.1型のTFT液晶モジュールを発売しています。今回さらに解像度がVGAとXGAの10.4型を加え、ラインアップを拡充します。
※2  Cold Cathode Fluorescent Lamp:冷陰極蛍光ランプ

新製品の特長

1. 白色LEDバックライト搭載により業界トップレベルの高輝度とインバーターレス、長寿命を実現
4機種ともバックライトの光学設計と放熱設計の最適化により高輝度化を図り、解像度VGAのAA104VH12では白色LEDバックライト搭載の10.4型として業界最高となる1500cd/m2の高輝度を実現しました。インバーターが不要のため、最終製品のコストを削減可能なほか、ノイズに敏感な医療機器や計測機器にも適応できます。寿命は従来のCCFLの5万時間より長い6万時間(最小値)を達成し、製品寿命の長い機器への使用にも最適です。また、表示は当社独自の色変換技術NCM※3の搭載により、色鮮やかで深みのある自然画を再現します。
※3: NCM(Natural Color Matrix)液晶ディスプレーで自然画を表示させた時、液晶ディスプレーの持つ色特性により生ずる実像とのズレを補正して、より自然な色合いを表示する当社独自の回路技術
2. 業界トップレベルの広い動作保証温度範囲を実現
構造・回路の最適化設計と部材の見直しにより、解像度XGAのモジュールで−30〜+80℃、解像度VGAのモジュールで−20〜+70℃の業界トップレベルの広い動作保証温度範囲を実現しました。屋外など過酷な温度環境で使用される機器への使用に最適です。
3. 従来製品と互換性を確保
光源にCCFLを用いた従来品と、外形寸法・ネジ穴位置・信号入力コネクタの位置を統一しているので、従来品より置き換える場合も、設計変更費用を抑えることが可能です。

環境への配慮

 本製品は欧州RoHS※4指令に準拠しているほか、水銀フリーも達成しています。
※4: RoHS(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)指令。EU加盟国で2006年7月以降に販売される電気電子機器に対し特定有害6物質の含有を規制するもの
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 半導体・デバイス第一事業部 液晶営業部

TEL: (03)3218-2482 FAX: (03)3218-4862

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。