ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年2月5日
開発No.0901

業界初、既存ユーザーを収容しつつ光アクセスネットワークを10倍に高速化

双方向10Gbpsの超高速光アクセス「10G-EPON試作システム」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、電話局とユーザー宅の端末をつなぐ光アクセスネットワークにおいて、上り下りともに現行システムの10倍となる10Gbpsの高速通信を実現する10G-EPON※1試作システムを開発しました。

※1: 10Gigabit-Ethernet Passive Optical Network:1本の光ファイバーに複数の加入者を収容する通信技術。
伝送レートは10Gbps

開発の背景

 近年、動画配信やIP電話、インターネット接続を提供するブロードバンド通信サービスには、ユーザーが動画などをストレスなく再生できるようにするため、伝送レートを現行の1Gbpsから10Gbpsへと高速化することが求められています。
 現在、ユーザー宅の光回線終端装置(ONU※2)と、電話局の局内装置(OLT※3)をつなぐ光アクセスシステムは、1つのOLTで複数のONUを収容するGE-PON※4方式が採用されています。これを10Gbpsに高速化するには、各ONUから高速に送出される光信号を、短時間で確実に処理できるOLTの実現が課題でした。また、システムの移行には既存設備を有効活用して新たな費用を抑えることも重要で、1Gbpsの既存加入者と10Gbpsの新規加入者が混在したまま収容する必要があります。
 当社は今回、上り下り双方向で10Gbps高速通信を実現し、業界で初めて既存と新規の両加入者を混在して収容できる「10G-EPON試作システム」を開発しました。これにより、システムのスムーズな移行を可能とし、光アクセスサービスのブロードバンド化に貢献します。
※2  Optical Network Unit:加入者側の光回線終端装置
※3  Optical Line Terminal:電話局側の光回線終端装置
※4  Gigabit Ethernet-Passive Optical Network:現在使われている方式。伝送レートは1Gbps

主な開発成果

1. 下り方向10Gbpsに加え、高速応答の上り方向10Gbps伝送を実現
1本の光ファイバーを分岐させて複数のONUを収容するPON方式では、ONUからOLTへの上り方向の信号が互いに衝突しないように、時間を区切って、タイミングをずらしながらバースト状の信号として送出する時分割多重方式を採用しています。このバースト信号は、ONUからOLTまでの光ファイバーの距離により受信レベルの強さや波形のゆがみが異なるため、高速化するとOLTがそれぞれの信号を短時間で識別して処理することが困難でした。今回、これまで蓄積してきた光アクセス技術により、タイミングの変化、レベルの強弱、波形のゆがみに高速応答し、信号を的確に識別するOLTを開発し、上り方向の10Gbps伝送を実現しました。
2. 伝送レート10Gbpsと1Gbpsの混在収容を実現
OLTからONUへの下り方向にWDM※5技術を適用し、1つのOLTで伝送レートが異なる2種類のONUの混在収容を業界で初めて実現しました※6。1Gbpsでは従来と同じ光波長を、10Gbpsでは異なる光波長を用いるので、現行の1Gbpsユーザーは、これまでのONUを交換することなく、そのまま使用できます。
※5  Wavelength Division Multiplexing:波長分割多重方式
※6  32台ONUを用いた接続検証
3. 標準規格IEEE802.3av準拠
開発した10G-EPON試作システムは米国電気電子学会(IEEE)の10G-EPON標準規格IEEE802.3avに準拠しています。

今後の展開

 数年後の商用化を目指します。NGN(Next Generation Network)のサービスグレードにも対応できる通信品質、セキュリティー機能向上と高集積化による小型化、低消費電力化を進めます。

特許

 国内85件、海外21件出願

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。