ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年4月9日
人事No.0908

社会人に必要な要素「コミュニケーション力」が5年前比約10ポイント増

「2009年度 新入社員アンケート」の結果について

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村節宏)は、今年度の新入社員770名(有効回答数584名)を対象に、会社生活や日本の将来についてのアンケートを実施し、結果をとりまとめましたのでお知らせします。

 今回、今年と5年前(2004年度入社)の新入社員アンケートを比較してみたところ、社会人には「コミュニケーション力」が必要だとの回答(9.9ポイント増)と、「社会に貢献するため」に仕事をするとの回答(10.2ポイント増)が増えています。

調査概要

調 査 期 間 :  2009年3月1日〜3月19日
調 査 対 象 :  2009年4月入社の新入社員770名(大卒、院卒)
調 査 方 法 :  アンケート用紙郵送による直接記入
有効回答数 :  584名 内訳(技術系:431名、事務系:153名)

集計結果

質問1. 社会人に特に必要だと思う要素は?
「責任感」   40.4%
「コミュニケーション力」  39.4%
「向上心」  27.9%
 5年前に比べ、「コミュニケーション力」が約10ポイント増
質問2. 何のために仕事をしますか?
「人間的に成長するため」  36.5%
「社会に貢献するため」  33.9%
 5年前に比べ、「社会に貢献するため」が約10ポイント増
質問3. 理想の上司を有名人やタレントに例えると誰ですか?
男性では「所ジョージ」さん、女性では「黒木瞳」さん
質問4. どのような生き方をしたいと思いますか?
「仕事も大事だが、家庭を大切にしたい」  68.3%
質問5. 5年後の日本は、現在と比較してどうなると思いますか?
景気は「良くなる」  51.0%

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。