ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年5月26日
自動車No.0901

新開発の高性能地上デジタルTVチューナーを標準装備した2モデルを追加

三菱HDDカーナビゲーションシステム「NR-HZ001/750CDシリーズ」発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村節宏)は、HDDカーナビゲーションシステム(2DINサイズ)の新製品として、高性能地上デジタルTVチューナーを標準装備した「NR-HZ001DP」と「NR-HZ750CDDP-2」を、7月1日から発売します。また、小型で装着性がよい高性能地上デジタルTVチューナー「TU-300D」を6月1日から発売します。

ワンセグ対応地上デジタルTVチューナー(NR-HZ001DP)

ワンセグ対応地上デジタルTVチューナー
(NR-HZ001DP)

ワンセグ対応地上デジタルTVチューナー(NR-HZ750CDDP-2)

ワンセグ対応地上デジタルTVチューナー
(NR-HZ750CDDP-2)

ワンセグ対応地上デジタルTVチューナー(TU-300D)

ワンセグ対応地上デジタルTVチューナー(TU-300D)

発売の概要

商品名 形名 希望小売価格
(税抜)
発売日 当初生産台数
(月産)
ワンセグ対応地上デジタルTVチューナー(1seg+12seg)標準装備
7V型モニター/DVD/CD内蔵HDDナビゲーションシステム
(Bluetooth®内蔵)
NR-HZ001
DP
オープン
価格
7月1日 合計1万台
ワンセグ対応地上デジタルTVチューナー(1seg+12seg)標準装備
7V型モニター/DVD/CD内蔵HDDナビゲーションシステム
NR-HZ750
CDDP-2
ワンセグ対応地上デジタルTVチューナー(1seg+12seg) TU-300D 6月1日 3千台

発売の狙い

 地上デジタル放送移行への整備が進み受信範囲が拡大する中、走行中の自動車で視聴すると受信可能なエリア内であっても、地形や建物などによる陰(電波が弱いところ)や反射波の干渉で受信が乱れる場合がありますが、こうした状況でも安定して視聴できる受信性能が求められています。
 当社は今回、新開発の受信回路「D3AⅡ※1エンジン」の搭載と、「リアル4ダイバーシティ」方式の採用により、受信性能をさらに向上させ安定した受信が可能な高性能地上デジタルTVチューナーを標準装備したHDDカーナビゲーションと地上デジタルTVチューナーを発売します。
※1: D3AⅡ=Diamond Digital broadcast Decoder for AutomobileⅡ

新製品の特長

1. 新開発の受信回路「D3AⅡエンジン」により、受信性能が向上した地デジチューナーをナビゲーションに標準装備(NR-HZ001DP/NR-HZ750CDDP-2)
新開発の受信回路「D3AⅡエンジン」により、複数電波の干渉抑圧性能や高速移動時の歪補償性能を向上させたことで受信性能のさらなる向上を実現した地デジチューナーを、ナビゲーションに標準装備しました。
また、4つのアンテナと4つのチューナーで受信する「リアル4ダイバーシティ」方式を採用して、広範囲受信を実現したほか番組視聴中に受信可能局を自動で監視し、エリアが切り替わる境界では中継局や系列局にスムーズに自動で切り替える機能も搭載して、安定した継続受信を実現しました。
2. 操作遷移を共通化した「マルチリレーオペレーション」により、一番使いやすい操作ツールを選択可能(NR-HZ001DP)
タッチパネル・音声・リモコン・ドラコンⅡ(オプション)の4つの操作ツールの動き方(操作遷移)を共通化した独自のHMI※2「マルチリレーオペレーション」機能により、どのツールでも同じ操作を実現しています。ドライバーの好みに合わせて、その都度一番使いやすい操作ツールを直感で選べます。
※2: ヒューマン・マシン・インターフェース
3. 地デジの後付けニーズに対応する高性能地デジチューナー(TU-300D)
コンパクト設計により、大きさを従来比51%※3に小型化し、アンテナもフロント部分に4つ装着できるなど、限りある車室内スペースへの装着性を向上しました。2011年の地上放送デジタル化に向けて、お手持ちのナビに後付けできます。
※3: 当社従来機(TU-200D)との体積比
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 自動車機器事業部 三菱電機カーインフォメーションセンター

TEL: 0120-182710

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。