ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年6月10日
社会No.0904

オーストラリア RailCorp(レールコープ)社向け車両用電機品受注のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、オーストラリアの車両メーカーUnited Group Limited(ユナイテッドグループリミテッド)から、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の鉄道運営会社RailCorp(レールコープ)社がシドニー近郊で運行する車両OSCar(オスカー、Outer Suburban Car)に用いる電機品を受注しましたのでお知らせします。

 当社受注金額は総額約45億円です。

 

 RailCorp社は、ニューサウスウェールズ州政府管轄の鉄道会社で、シドニー全域の路線を運行しています。シドニーでは人口の増加や道路の混雑で電車を利用する人が増えたため、RailCorp社はOSCarを72両(1編成4両×18編成)増強することとなりました。

 当社は今回、この新車両を製造するUnited Group Limitedから車両用電機品を受注しました。

 当社は、1970年代から継続してRailCorp社向けの車両用電機品を納入しており、累計で約1,500両分、OSCar用電機品もこれまでに122両分納入しています。今回の受注は、当社の技術と30年以上にわたる実績がRailCorp社やUnited Group Limitedから評価されたものです。

 採用された電機品は、主電動機、補助電源装置、当社独自の低損失高効率電力スイッチング半導体IGBT※1の使用によりエネルギー損失が少ないVVVFインバーター※2、車両情報システム、車両用空調装置などで、主電動機とVVVFインバーターを組み合わせて使用エネルギーを削減可能な回生ブレーキ機能を実現して環境にも配慮しています。これらの電機品は2009年12月から2011年5月の間にかけて順次United Group Limitedへ出荷し、新車両は2010年9月から順次運用を開始します。

 当社は今後も全世界で鉄道車両用電機品の事業拡大を進めていきます。

※1: Insulated Gate Bipolar Transistor (絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ) 電力スイッチング半導体
※2:Variable Voltage Variable Frequency Inverter (可変電圧・可変周波数インバーター)

当社受注の概要

発注者 United Group Limited
受注規模 鉄道車両72両(4両編成×18編成)分の電機品
受注製品 車両用電機品(主電動機・補助電源装置・VVVFインバーター・車両情報システム・車両用空調装置 他)
受注価格 約45億円
納期 2009年12月〜2011年5月の間に順次出荷
引き渡し条件 CIF(運賃保険料込み渡し)

OSCar概要

運行路線名 Suburban Linesのうち、3線
運営会社 Rail Corporation New South Wales
運用開始 2010年9月
運行場所 オーストラリア・シドニー近郊

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。