ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年6月23日
電力No.0902

米国送電会社と提携関係の拡大に合意

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、米国重電事業の製造・販売拠点であるMitsubishi Electric Power Products Inc.(以下MEPPI)社とともに、米国の送電会社ITC Holdings Corp.(以下ITC)社との提携関係を拡大していくことに合意しました。

提携関係拡大の概要と背景

 MEPPI社は2004年以来、長期供給契約に基づいて、ITC社に345kV以下ガス遮断器やその他の電力設備を納入してきました。この提携関係を765kVガス遮断器にまで拡大し、変圧器についても提携を追加します。
 対象となるガス遮断器、変圧器は、ITC社が進めている765kV送電網の新設計画(グリーンパワーエクスプレスプロジェクト)に使用される予定で、ガス遮断器はMEPPI社が、変圧器は当社が設計・製作を担当する予定です。
 提携関係強化の背景となったグリーンパワーエクスプレスプロジェクトは、ノースダコタ州、サウスダコタ州など米国中西部の風力を主体とした再生可能エネルギーで発電した電力を、シカゴなどの大都市に送電する大規模な計画で、総延長4,800kmの送電線を新設し、超高圧の765kVで大量の電力を送電する予定です。
 現在米国では地球温暖化対策のため、風力発電を中心とした大規模な再生可能エネルギーの導入が検討されています。その導入に当たっては、新たな送電網の整備が必須の課題となっており、このプロジェクトは、今後米国の再生可能エネルギーの広域連携と送電インフラの強化を主導すると期待されます。
 ガス遮断器、変圧器は、この送電網の変電所に設置され、電流の切り替え、電圧の変換など送電網の主要機能を果たすとともに、雷などの事故から電力施設を守ります。

ITC社の概要

1.事業内容 : 米国中部(ミシガン州、アイオワ州、ミネソタ州等)を主な供給区域とする送電事業
2.代   表 : Joseph L. Welch, President & CEO
3.所 在 地 : 米国ミシガン州ノバイ
4.売上規模 : 約600億円(2008年度実績)
5.人   員 : 約390名(2008年12月)

MEPPI社の概要

1.事業内容 :電力用ガス遮断器(GCB)の製造・販売・保守
電力用送変電機器(ガス絶縁開閉装置(GIS)、変圧器など)、発電機器の販売・
エンジニアリング
電鉄用電気機器・公共・産業・大型映像用機器の製造・販売・保守
2.設   立 :1986年米ウエスチングハウス社と合弁で設立
1989年三菱電機の100%子会社化
3.代   表 :Jack E. Greaf, Chairman & CEO
4.資 本 金 :26.025百万US$(約26億円)
5.所 在 地 :米国ペンシルバニア州ピッツバーグ
6.売上規模 :約550億円 (2009年度計画)
7.人   員 :約560人 (2009年度計画)
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 電力海外事業部 海外電力第三課

TEL: (03)3218-3735 FAX: (03)3218-3596

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。