ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年6月25日
FANo.0907

「iQ Platform」対応製品群の統合エンジニアリング環境

FA統合エンジニアリングソフトウエア「MELSOFT iQ Works」発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、生産現場の各種FA(ファクトリーオートメーション)機器の連携と開発環境の連携を強化するFA統合コンセプト「iQ Platform(アイキュー プラットフォーム)」に基づく、FA統合エンジニアリングソフトウエア「MELSOFT iQ Works(メルソフト アイキュー ワークス)」を7月1日から発売します。

 本製品は、iQ Platform対応シーケンサ、モーションコントローラのエンジニアリングソフトウエアと表示器の画面作成ソフトウエアをすべてパッケージ化し、各ソフトウエアを連携させながらシステム開発を一括管理できる「MELSOFT Navigator」を中心に据えたエンジニアリング環境です。

発売の概要

製品名 形名 構成ソフトウエア 標準価格 発売日
MELSOFT iQ Works SW1DNC-IQWK-J  MELSOFT Navigator
 MELSOFT GX Works2
 MELSOFT MT Works2
 MELSOFT GT Works3
220,000円(税別) 7月1日

発売の狙い

 近年の製造業では、製品が高性能化、微細化する一方、製品サイクルが短くなり生産量も短期間のうちに変動する傾向にあります。製品の低価格化要求も厳しく、生産設備の構築には、開発から立ち上げ、運用、保守にいたるまで、より一層のトータルコスト削減が求められています。当社は生産設備の制御システムに使われる各種FA機器の連携とシステム開発環境の連携を強化させることにより、生産設備のトータルコスト削減を実現するFA統合コンセプト「iQ Platform」を2007年4月に提唱し、それに対応したシーケンサやモーションコントローラを発売してきました。

 今回、生産設備の制御システムを開発する際、システム設計からiQ Platform対応製品群のプログラミング、表示器の画面作成に至るまで統合的に扱えるエンジニアリング環境として「MELSOFT iQ Works」を発売します。これまで個別のエンジニアリングソフトウエアを用いて行っていた作業が本製品に統合でき、管理も一括してできるので、お客様のシステム設計やプログラミング効率が向上し、開発工数を削減しつつシステムの最適化が図れます。

 当社は今後も高機能・高性能なiQ Platform対応製品群とMELSOFT iQ Worksにより、付加価値の高い生産設備の構築と効率的な開発環境作りを提案していきます。

新製品の特長

1. 「ワークスペース機能」により、システム設計を効率化
制御システムにはシーケンサ、モーションコントローラ、表示器が多数使われます。本製品はワークスペース機能により、制御システムを制御対象やブロックなどの管理しやすい単位に分け、複数のプロジェクトを一括して管理できます。プログラムや画面がどのように使われているかを関連付けするので、制御システムの設計が効率化します。
2. 制御システム全体をグラフィックで表現し、設定を一括調整可能
制御システム全体のネットワーク構成と使用機器(ユニット)の構成をグラフィックで表現し、ネットワークや入出力割付などのパラメーター設定を一括して調整できます。設定忘れや調整漏れによるエラーの発生を未然に防止できます。
3. ラベル共有により、設定ミスを防止し設定時間も短縮
従来、デバイスにラベルをつけてプログラミングする場合は、使用する個所それぞれにラベルの設定が必要なため、設定ミスが発生することがありました。本製品ではラベルを1カ所登録すると関連するすべてのプログラムに共有されるので、設定ミスを防止し設定時間も短縮できます。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 機器事業部 機器計画部 制御システムグループ

TEL: (03)3218-6610 FAX: (03)3218-6823

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。