ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年7月6日
リ本No.0922

西日本では当社初となる住宅用太陽光発電システムの施工研修施設

太陽光発電システムの施工研修施設「太陽光京都スクール」新設のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、国内住宅用太陽光発電システムの施工品質を確保する施工店向け研修施設として、中津川製作所京都工場(京都府長岡京市)の敷地内に「三菱電機住環境営業技術研修センター テクノスクール中津川 太陽光京都スクール」を新設し、7月7日から業務を開始します。

 これにより、当社は太陽光発電システムの施工研修施設を現在の2カ所から3カ所に増やし、研修講座の受講者数を2008年度の年間約1000名(2カ所合計)から、年間約5000名(3カ所合計)へと約5倍に拡大することで、施工品質を確保しつつ住宅用太陽光発電ビジネスの拡大を図ります。

設立の背景

 太陽光発電システム市場は、地球温暖化防止に向けた二酸化炭素(CO2)排出削減の取り組みなど環境保全意識の高まりを背景に、世界的に急拡大しています。日本国内でも、2009年1月から開始された国の「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」や自治体の補助制度などによって、住宅用太陽光発電システムのさらなる需要拡大が見込まれています。また、この需要拡大に伴い、システムの設置工事を行う施工店も増加しつつあります。
 一方、太陽光発電システムは屋外に設置して長期間使用する製品のため、施工品質の確保が不可欠です。そのため当社では1998年から、主に既築住宅への施工の要点を講義する「太陽光発電システム据付技術講座」を開催しており、修了試験に合格した受講者「三菱電機太陽光発電システム施工ID取得者」は2008年度末時点で約2,000名に達しています。
 当社はこれまで、講座をテクノスクール中津川(岐阜県中津川市)と東日本研修センター(埼玉県熊谷市)の2カ所で開催してきましたが、施工店数の増加に対応するため、西日本地区に新たな研修施設を設置することにしました。
 今後は、従来施設でも講座の回数を増やし、2009年度末までには受講者数を3カ所合わせて年間約5,000名(従来の約5倍)に拡大する計画です。より多くの施工店の方が受講できるよう研修体制を強化し、当社住宅用太陽光発電システムの施工品質確保に取り組んでまいります。

「太陽光京都スクール」の概要

1.名称:   三菱電機住環境営業技術研修センター テクノスクール中津川 太陽光京都スクール
2.所在地:  〒617-8550
          京都府長岡京市馬場図所1
3.開業日:  2009年7月7日
4.主な業務: 太陽光発電システム据付技術講座の開催
5.床面積:  約600m2

「太陽光発電システム据付技術講座」の概要

1.受入人数:最大定員20名/講座 (2009年7月現在)
2.内容:   太陽光発電システムの据付に関する講義や模擬屋根を利用した実習等
3.費用:   有料
4.受入窓口:三菱電機住環境システムズ株式会社


太陽光発電システム据付技術講座の実習風景
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 太陽光発電システム事業推進部

TEL: (03)3218-3103 FAX: なし

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。