ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年7月16日
通信No.0902

FOMA不感エリアの解消とホームエリア向けサービス実現に貢献

NTTドコモの「高性能フェムトセル基地局装置」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)が不感エリアの解消と、今年度下期よりホームエリア向け新サービスの提供に用いる予定の「高性能フェムトセル基地局装置」を開発しました。

 本装置は7月22日(水)から東京ビックサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2009」のNTTドコモブースで、展示される予定です。

経 緯

 NTTドコモは、今回開発した高性能フェムトセル基地局により、これまでどおり不感エリアの解消を進めるとともに、携帯電話を使った生活行動支援(在圏管理)や家電製品との連携などを実現するホームエリア向けの新しいサービスを2009年度下期から順次始める予定です。また、高性能フェムトセル基地局により家庭内の通信環境を安定的に形成することにより、ますます大容量化する動画や音楽コンテンツの快適な視聴が可能になります。
 このフェムトセル基地局の円滑な導入や活用に向け、2008年10月には電波法改正により免許申請手続きが簡素化され、また同年12月には事業者間の運用ガイドラインが公表されるなど、環境が整備されました。
 当社はこれまで、地下街やオフィスビル内などの不感エリアを解消する超小型基地局として「フェムトセル基地局装置」をNTTドコモに納入するとともに、昨年、不感エリアの解消と、ホームエリア向けサービスに用いられる予定の高速、高機能な「高性能フェムトセル基地局装置」に当社提案装置が採用されました。
 このたび「高性能フェムトセル基地局装置」の開発を終えたもので、現在は量産の準備を進めている状況にあります。

装置の特長

1. HSPAの最高伝送速度に対応
3GPP※1の3.5G※2に準拠したHSPA(High Speed Packet Access)のデータ伝送の最高速度(ダウンリンクで14Mbps、アップリンクで5.7Mbps)に対応しています。
※1: 第3世代(3G)携帯電話の標準化を行うプロジェクト
※2: 第3世代(3G)携帯電話のデータ通信速度を向上させた規格の総称
2. Plug & Play機能により、設置が簡単
ブロードバンド回線に接続するだけで、各種パラメータを自動的に取得するPlug&Play機能により、煩雑な設定作業なしに運用できるので、設置が簡単です。
3. 高速、高機能でありながら、小型・低消費電力を実現
専用LSIの開発により、従来の「フェムトセル基地局装置」よりも高速、高機能でありながら体積で15%減の小型化を実現しました。また、消費電力も従来機と同等で低消費電力を実現しています。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社
 通信システム事業部 NTT営業部

TEL: (03)3218-6432 FAX: (03)3218-6458

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。