ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年8月20日
リ本No.0932

ラインアップを36馬力まで拡充、全機種省エネ法をクリア

三菱電機 「リプレースマルチ Eeco」発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、既設の冷媒配管を流用して古い空調機を短工期・省コストで更新できる、更新専用のビル用マルチエアコン「リプレースマルチ Eeco」室外ユニットをモデルチェンジし、2009年10月から順次発売します。

 ラインアップがこれまでの10機種(5馬力から20馬力)から、最大36馬力までの18機種に拡充しました。全機種が省エネ法基準値(冷暖平均COP3.07)をクリアしています。

ビル用マルチエアコン「リプレースマルチ Eeco」(室外ユニットx3)

ビル用マルチエアコン
「リプレースマルチ Eeco」
(室外ユニットx3)

発売の概要

製品名 タイプ 馬力 定格冷房能力[kW] 発売日 価格
ビル用マルチエアコン
リプレースマルチEeco
既設配管流用
冷暖切替室外ユニット
5〜36 14.0〜101.0 2009年10月 オープン

発売の狙い

 京都議定書で定められた温室効果ガスの削減数値目標達成に向け、地球環境保護に対する全世界的な取り組みに一層拍車がかかる中、ビル設備では消費エネルギーの約5割を占める空調機の省エネが今後ますます必要となっています。

 古くなった空調機を更新する際、冷媒配管を再利用して短工期・省コストで高効率な空調機に入れ替えできる当社の更新専用ビル用マルチエアコン「リプレースマルチ Eeco」の需要は年々増加しています。これまでリプレースマルチ Eecoのラインアップは5馬力から20馬力までの10機種でしたが、更新需要の増加に伴い30馬力超の要望も多く聞かれるようになってきました。

 そこで当社は、ラインアップを最大36馬力までの18機種に拡充した新製品を発売します。これにより、既設の大容量ビル用マルチエアコンの更新が可能になり、小容量から大容量まで広い範囲で更新を促進し、温室効果ガス排出削減や省エネルギー化に一層貢献します。

新製品の特長

1. 最大36馬力までの18機種にラインアップを拡充
1650mm(高さ)×920mm(幅)×760mm(奥行)の室外ユニットをベースとし、5馬力〜14馬力は室外ユニット1台、16馬力〜26馬力までは室外ユニット2台の組み合わせ、28馬力〜36馬力までは室外ユニット3台を組み合わせることで、最大36馬力まで18機種のラインアップに拡充しました。これにより大型ビルでよく使われる24馬力〜30馬力の更新にも既設の冷媒配管が再利用可能になりました。 既存の設置スペースのまま馬力をアップすることも可能です。
2. 全機種が省エネ法基準値(冷暖平均COP3.07)をクリア
ベースとなる10馬力室外ユニットの冷暖平均COPは従来比約10%向上の3.70を達成し、8馬力では4.16に向上させています。全機種が省エネ法基準値(冷暖平均COP3.07)をクリアしており、CO2排出量削減に貢献します。
3. 既設冷媒配管の異物(鉱油)回収時間の短縮
R410冷媒の冷媒充填量調整工程を見直し、冷媒充填と既設冷媒配管の残留異物(鉱油など)の回収を同時に行います。回収にあたっては、半分液体、半分気体の気液二相冷媒で回収する当社独自の特許技術で、回収時間を短縮するので短工期で工事ができます。

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。