ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年9月28日
自動車No.0903

DSRCサービス対応で快適性とより安全なドライブを支援

三菱電機「HDDカーナビゲーションシステム」、「DSRC車載器」発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村節宏)は、次世代ITS※1のDSRC※2サービスに対応したHDDカーナビゲーションシステム(2DINサイズ)「NR-HZ001シリーズ」2機種とDSRC車載器「EP-409DSB」を10月28日から発売します。

※1: Intelligent Transport System 高度道路交通システム
※2 Dedicated Short Range Communication 狭域通信システム
:ETC等の路車間通信に用いられる無線通信

DSRC車載器 EP-409DSB

DSRC車載器 EP-409DSB

発売の概要

製品名 形名 希望小売価格
(税込)
発売日
ワンセグ対応地上デジタルTVチューナー(1seg+12seg)標準装備
7V型モニター/DVD/CD内蔵HDDナビゲーションシステム
(Bluetooth®内蔵)
NR-HZ001VDT オープン 10月28日
ワンセグ専用地上デジタルTVチューナー(1seg)内蔵
7V型モニター/DVD/CD内蔵HDDナビゲーションシステム
(Bluetooth®内蔵)
NR-HZ001S オープン
DSRC車載器(アンテナ分離型) EP-409DSB 39,900円 10月28日
※3: DSRC車載器は上記HDDカーナビゲーションシステムとの連動タイプです。
DSRC車載器単独の使用ではETC機能以外の動作をいたしません。
※4: HDDカーナビゲーションシステムとDSRC車載器との接続には、専用ケーブルLE-68FF-2SS(税込4,200円)が必要です。

発売の狙い

 最近のカーナビゲーションでは、地図をもとにルートを探索するだけでなく、道路交通情報通信システム(VICSや光/電波ビーコンなど)や渋滞予測機能などの情報を取り入れたルートガイダンスを行い、快適なドライブの支援をしてきました。

 新たなITS(高度道路交通システム)サービスと期待されているスマートウェイ対応のDSRCサービスでは路側機(道路側に設置された無線装置)と車載器(車両に搭載された無線装置)の間で無線通信(DSRC)を行うことで、前方の道路混雑状況や合流車両の情報などを、画像と音声でリアルタイムに提供しより安全なドライブの支援が可能です。

 当社は今回、このDSRCサービスに対応したHDDカーナビゲーションシステムとDSRC車載器を発売します。

新製品の特長

1. DSRC車載器とカーナビの連動でスマートウェイサービスに対応して、安全なドライブを支援
DSRC車載器とカーナビゲーションシステムを接続すると、両者が連動して渋滞状況や合流付近の合流車有無などのタイムリーな交通情報を事前に画像と音声でお知らせします。これにより、より安全なドライブを支援します。
2. ETCカードの有効期限をお知らせ
DSRC車載器に挿入したETCカードの有効期限が30日以内になると、カーナビゲーションシステムが音声と画面のテロップでお知らせします。
3. ETC車載器EP-400シリーズと同等の軽量・コンパクトボディーのDSRC車載器
DSRC車載器は、新開発の専用MMIC※5の搭載により大容量高速通信を安全に処理しながら、当社ETC車載器400シリーズと同等の軽量・コンパクトボディーを実現しました。
※5: Monolithic Microwave Integrated Circuit モノリシックマイクロ波集積回路=DSRCシステムに使用される5.8GHzの送受信を行う送受信一体の小型IC
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 自動車機器事業部 三菱電機カーインフォメーションセンター

TEL: 0120-182710

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。