ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年10月15日
リ本No.0939

業界トップクラスの省エネ性、高画質・高音質を正面から楽しめるオートターン機能搭載

三菱液晶テレビ「REAL」MXシリーズ新製品発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、液晶テレビ「REAL」MXシリーズの新製品として、業界トップクラスの省エネ性を実現するとともに、オートターン機能の搭載により、リモコン操作で高画質・高音質を正面のベストポジションで楽しめる「LCD-32MX35」を10月21日から発売します。番組本編からCMに変わる時や入力ソースを切り替えた時に変化する音量を自動調整する「おすすめ音量」機能も搭載しています。

三菱液晶テレビ「REAL」MXシリーズ LCD-32MX35

三菱液晶テレビ「REAL」MXシリーズ LCD-32MX35

発売の概要

商 品 名 形 名 希望小売価格 発売日 当初月産台数
地上・BS・110度CSデジタル
ハイビジョン液晶テレビ「REAL」
32V型 LCD-32MX35 オープン 10月21日 10,000台

発売の狙い

 液晶テレビ市場は、エコポイント制度の導入に伴い、買い替え、買い増し需要が拡大しており、2008年度の約900万台(実績)に対し、2009年度は前年度比150%の約1,350万台(当社予測)と大幅な需要拡大が見込まれます。

 当社は今回、液晶テレビの一般層への普及拡大の中で重視される使いやすさ(ユニバーサルデザイン)と省エネ性(エコロジー)に配慮して、リモコン操作で画面を正面に調整できるオートターン機能を搭載し、業界トップクラスの省エネ性を実現した32V型液晶テレビ「REAL」の新製品を発売します。

新製品の特長

1. 高画質・高音質を正面から楽しめる「オートターン」機能と自動音量調整「おすすめ音量」機能を搭載
(1)リモコン操作でテレビ画面が左右に振り向く「オートターン」機能により、高画質と高音質を正面のベストポジションでお楽しみいただけます。
(2)番組本編からCMに変わる時や入力ソースを切り替えた時に変化する音量を自動調整する「おすすめ音量」機能を搭載しました。
2. 業界トップクラスの省エネ性を実現。省エネ効果を画面上で確認できる「ECOメーター」「ECOモニター」を搭載
少ない蛍光管で従来と同等の明るさを実現した「ECOパネル」の採用により、同インチサイズの年間消費電力量比較で、業界トップクラスの省エネ性を実現しました。
また、省エネ効果を画面上で確認できる「ECOメーター」「ECOモニター」を搭載しました。「ECOメーター」では、現在の概算消費電力や省エネ度がひと目で確認できるほか、現在の省エネの設定状況を葉っぱのアイコンで表示します。「ECOモニター」では、現在の省エネ設定と省エネ設定を行わない場合とを比較して、電気代やCO2排出量の概算累積削減量を表示します。
3. 「DIAMOND EngineⅥ」搭載による鮮明な映像と、DIATONE音響技術によるクリアで臨場感のある高音質
高画質回路「DIAMOND EngineⅥ」の搭載により、ノイズの少ない滑らかで鮮明な画質で、さまざまな映像を最適に再現します。また、当社が培ってきたDIATONE音響技術をベースに開発した「DIATONEリニアフェイズ」回路などの搭載により、よりクリアで臨場感のある高音質を実現しました。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 三菱電機お客さま相談センター

TEL: 0120-139-365

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。