ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年10月21日
リ本No.0940

迫力の大画面27型フルHDワイド液晶パネル採用

三菱27型ワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」新製品発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、27型フルHD※1対応ワイド液晶パネルの採用により、大画面で迫力ある映像が楽しめ、パソコン作業も広大な作業スペースで快適に行える、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE(ダイヤモンドクリスタワイド)」の新製品を11月27日から発売します。

※1  フルHD:1920×1080の表示画素数

27型ワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」 RDT271WLM(BK)

27型ワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」 RDT271WLM(BK)

発売の概要

製 品 名 形  名 希望小売価格 発売開始日 月産台数
液晶ディスプレイ
「Diamondcrysta WIDE」
RDT271WLM(BK) オープン 11月27日 3,000台
(BK)は黒色キャビネット機種

発売の狙い

 近年、液晶ディスプレイのワイド化、高解像度化、大型化が進み、液晶ディスプレイでゲームソフトやブルーレイ、DVDなどの動画コンテンツを大画面で楽しみたいというニーズが高まっています。

 当社は今回、27型フルHD対応のワイド液晶パネルを採用し、高画質な映像を、より大画面で楽しむことができる液晶ディスプレイの新製品を発売します。27型ワイドの広大な作業スペースの提供により、パソコン作業の効率化にも貢献します。

新製品の特長

1. 迫力の大画面27型フルHDワイド液晶パネル採用

フルHD対応の大画面27型ワイド液晶パネルの採用により、映画やゲームなどの動画コンテンツを、より迫力ある映像で楽しむことができます。また、パソコン作業においても、27型ワイド(有効表示領域:597.6×336.2mm)という広大な作業スペースに見やすい大きな文字が表示されるので、作業効率がアップし、快適な作業が行えます

2. 27型の大画面でありながら、400cd/m2の高輝度と53Wの低消費電力を両立

光学系の効率化設計により、少ない蛍光管ながら400cd/m2の高輝度を実現すると同時に、蛍光管数を減らしたことで、27型の大画面でありながら53Wの低消費電力を実現しました。

また、表示画像の明るさに応じて画面の明るさを自動で下げ、さらに消費電力を最大約24W削減※2できる「ECO設定」機能を搭載しています。。

※2: 画面全体の平均輝度が75%以上の状態で、ECO設定「MODE3」とECO設定「しない」との比較において

3. AV入力に対応するHDMI端子を装備

パソコン接続用のアナログ入力D-SUB15ピン端子とデジタル入力DVI-D(HDCP※3対応)端子に加え、HDMI端子を標準装備したことで、ゲーム機器やAV機器とケーブル1本で接続できます。。

※3  HDCP:High-bandwidth Digital Content Protection

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。