ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年10月27日
半導体No.0913

外形サイズを約10%小型化した超高輝度タイプ

三菱カラーTFT液晶モジュ−ル「DIAFINE」産業用 12.1型発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、TFT液晶モジュール「DIAFINE」産業用の新製品として、外形サイズを約10%小型化した小型・超高輝度の12.1型XGA TFT液晶モジュール1機種を2010年2月1日から発売します。白色LED※1バックライト搭載により長寿命、インバーターレスも実現しています。

※1  Light Emitting Diode:発光ダイオード

カラーTFT液晶モジュ−ル「DIAFINE」産業用 12.1型XGA(AA121XL01)

カラーTFT液晶モジュ−ル「DIAFINE」産業用 12.1型XGA(AA121XL01)

発売の概要

製品名 形 名 輝度
(cd/m2
サンプル価格
(税抜き)
サンプル出荷日 月産台数
12.1型XGA
TFT液晶モジュール
AA121XL01 1,000 50,000円 2010年2月1日 5,000台

発売の狙い

 産業用のTFT液晶モジュールは、屋内外のさまざまな用途・環境で使用されています。なかでも、POSシステムを利用した店舗・倉庫の在庫管理や工場の工程管理などには、設置型端末だけではなく、専用のペンを使って操作する携帯端末(タブレット端末)も多く使用されており、端末の持ち運びやすさや視認性向上のため、小型・超高輝度のTFT液晶モジュールが求められています。

 当社は今回、産業用の制御端末や情報端末などに広く用いられている12.1型XGA TFT液晶モジュールに、白色LEDバックライトを用いた小型・超高輝度仕様の新製品を発売します。

 今後も、お客様のご要望に応じて、小型の産業用TFT液晶モジュールのラインアップを順次拡充させていきます。

新製品の特長

1. 従来品より外形サイズを約10%・厚さを約20%削減し、最終製品の小型・軽量化に貢献
モジュール構造を見直して、12.1型の表示エリアは変えずにTFT液晶モジュールを小型化しました。外形サイズは従来品※2と比較し、面積で約10%減の260.5mm(W)×203.0mm(H)、厚さは約20%減の9.7mm、質量は約20%減の610gです。これにより、最終製品の小型化に貢献します。
※2: AA121XK01:280mm(W)×210mm(H)×12mm(D) 質量750g 輝度500 cd/m2
2. 白色LEDバックライト搭載により業界トップレベルの超高輝度と長寿命、インバーターレスを実現
白色LEDバックライト搭載により、12.1型XGAとしては業界トップレベル※3となる1000cd/m2の超高輝度を実現しました。これにより、明るい場所でも見やすく高い視認性が確保されるため、屋外設置や外光の差し込む機器にも使用できます。バックライトの寿命も6万時間(最小値)※4と長寿命なので、製品寿命の長い機器にも適しています。また、高電圧インバーターが不要となるので、最終製品のコスト削減に貢献します。
※3: 白色LEDバックライト搭載の12.1型XGA TFT液晶モジュールにおいて
※4: 常温(25℃)において
3. 業界トップレベルの広い動作保証温度範囲と鮮やかで深みのある表示を確保
従来同様、−30℃〜+80℃の業界トップレベルの広い動作保証温度範囲を確保していますので、屋外など過酷な温度環境で使用される機器にも使用可能です。また、独自の色変換技術Natural Color Matrix※5の標準搭載により、色鮮やかで深みのある画像を表示します。
※5: Natural Color Matrix 液晶ディスプレーで自然画を表示させた時、液晶ディスプレーの持つ色特性により生ずる実像とのズレを補正して、より自然な色合いを表示する当社独自の回路技術

環境への配慮

 RoHS※6指令に準拠しているほか、白色LEDバックライト採用により水銀フリーも達成しています。
※6: RoHS(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)指令。
EU加盟国で2006年7月以降に販売される電気電子機器に対し特定有害6物質の含有を規制するもの
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 半導体・デバイス第一事業部 液晶営業部

TEL: (03)3218-2482 FAX: (03)3218-4862

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。