ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年11月5日
リ本No.0944

3.6kgの軽量コンパクトボディーながら明るさ4000ルーメン以上を実現

三菱データプロジェクター新製品発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、持ち運びが容易な3.6kgの軽量コンパクトボディーながら明るさ4000ルーメン以上を実現し、明るい部屋でも大画面でのプレゼンテーションができるデータプロジェクターの新製品2機種を11月17日から順次発売します。

データプロジェクター LVP-XD600

データプロジェクター LVP-XD600

発売の概要

製 品 名 形  名 明るさ 希望小売価格 発売開始日 年間販売台数
データプロジェクター LVP-XD600 4500ルーメン オープン 11月17日 1,000台
LVP-WD620 4000ルーメン 12月下旬

発売の狙い

 近年、企業の会議室や学校教室等の各シーンでデータプロジェクターによるプレゼンテーションが定着化してきており、可搬性および設置性に優れた製品が求められています。

 当社は今回、モバイルタイプの3.6kg軽量コンパクトボディーながら明るさ4000ルーメン以上を実現し、明るい部屋でも大画面でのプレゼンテーションを可能にしたデータプロジェクターの新製品を発売します。

新製品の特長

1. 3.6 kgの軽量コンパクトボディーながら明るさ4000ルーメン以上を実現
質量3.6kg、幅34.5cm×高さ12.9cm×奥行き27.0cmの軽量コンパクトボディーながら新光学系の採用により、明るさ4000ルーメン以上※1を実現しました。これにより、手軽に持ち運べるとともに、大会議室などでも照明を暗くすることなく、大画面で鮮明な映像をご覧いただけます。
※1: LVP-XD600は4500ルーメン、LVP-WD620は4000ルーメン
2. 長寿命ランプで低ランニングコストを実現
最大5000時間※2の長寿命ランプの採用により、ランニングコストを低減しました。また、待機電力を0.5W以下に抑える省エネ設計のため、長時間安心してご使用いただけます。
※2: ランプ低モード時
3. 3Dコンテンツへの対応機能を装備<LVP-XD600>
将来的に普及拡大が見込まれる3Dコンテンツへの対応機能を装備しました※3。学校での授業や企業内研修において、3Dコンテンツを利用することにより、効果的なプレゼンテーションが行えます。
※3: 3Dコンテンツを見るためには、DLP®Link方式に対応した3Dメガネが必要です

その他の特長

 1. 外付けスピーカー不要の10W大出力スピーカーを搭載

 2. 映像音声にマイク音声も混合して出力可能な「オーディオMIX」機能を搭載

 3. 1.5倍 高倍率ズームレンズ搭載

 4. 自動台形歪み補正機能搭載により設置が簡単

 5. HDMI端子、PC入力端子2系統など豊富な入力端子を装備

 6. RJ45端子搭載により集中コントロール可能

 7. 色の再現性を高めるBrilliantColorTMテクノロジー採用

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 リビング・デジタルメディア事業本部 映像情報営業部 第二課

TEL: (03)3218-6107 FAX: (03)3218-6991

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。