ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年11月10日
ビルNo.0908

品質に「環境」視点をプラス

ビルシステム事業 新・事業スローガン「Quality in Motion」策定のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、昇降機事業の事業スローガン「Quality in Motion」に「環境」の視点を加え、対象範囲をビルマネジメントシステムまで拡大して、お客さまにより良い製品やサービスをご提供する、ビルシステム事業の新たな事業スローガン「Quality in Motion」を策定しました。

新・事業スローガン“Quality in Motion”の概要

 当社は、エレベーター、エスカレーター事業で「品質ナンバーワン」を目指す事業スローガン「Quality in Motion」を 2000年に策定し、「三菱昇降機の品質の高さ(Quality)は常に進化し続け(in Motion)、 しかも時代の動きの中 (in Motion) で確かな信頼性(Quality)を保ち続ける」との共通認識を持って取り組んできました。
 当社は今回、環境貢献に対する関心の高まりに対応して、従来から取り組んできた環境活動を事業方針として明確に表現するために、従来の「Quality in Motion」で推進する3つの項目「快適(Comfort)」、「効率・省エネ(Efficiency)」、「安全(Safety)」に、「環境(Ecology)」という新たな視点を加え4つの項目とした新事業スローガン「Quality in Motion」を新たに策定しました。あわせて、活動の対象にビルマネジメントシステムを加え、ビルシステム事業全体の拡大・強化を図ります。
新・事業スローガンの統一ロゴ

ビルシステム事業における環境配慮・省エネ貢献製品例

1. 環境に配慮したエレベーター「AXIEZ」
エレベーター運転時に発生する回生電力をためて再利用するシステム「エレセーブ」(オプション)や、LED光源をかご内標準天井に国内で初めて※1取り入れたマンション専用エレベーターなど、環境に配慮し、省エネに貢献する製品を提供しています。
※1: 2009年11月当社調べ
2. 省エネに有効なビル設備オープン統合システム「Facima BA-system」
ビルの安全性を担うセキュリティーシステムとの連携により、人の在室・不在状況に応じた空調・照明の最適制御を行うなど、効率的で快適なビルの環境づくりをお手伝いします。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 ビル事業部

TEL: (03)3218-4544 FAX: (03)3218-4674

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。