ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年11月18日
リ本No.0945

サッカー場5面分に相当する設置面積で、約2.9MWの大規模太陽光発電システム

イタリア・コープ向け太陽電池モジュール納入のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、約2.9MW(メガワット)の無鉛はんだ太陽電池モジュール※1を、イタリアのコープ(Coop:生活協同組合)が新築した物流センター「CNNAプラト」向けに納入しましたのでお知らせします。設置面積はサッカー場5面分に相当する約21,000m2で、倉庫の屋上に設置された太陽光発電システムは、1棟の建物に設置されたものとしてはイタリア最大※2の設置容量です。

※1: モジュールの鉛使用量がゼロ(0g)で、製品自体の環境への負荷を低減したモジュール
※2: 2009年11月18日現在(当社調べ)

コープ「CNNAプラト」の太陽光発電システム

コープ「CNNAプラト」の太陽光発電システム

納入の概要

製品 納入先 納入時期 据付会社 設置容量 総設置面積 期待年間
発電電力量
無鉛はんだ
太陽電池モジュール
15,710枚
イタリア コープ
CNNAプラト※3
2009年11月 チェリーニ社
(Cellini)
約2.9MW
(2,906kW)
(内、11kWは地上設置)
約21,000m2 3,217,000kWh
(内、地上設置分は
17,000kWh)
※3: CNNA-Prato(所在地:イタリア・プラト)

背景

 イタリアは、太陽光発電の電力買取制度(フィード・イン・タリフ)が整備されており、欧州太陽光発電協会(EPIA)によると、ヨーロッパではドイツやスペインに次ぐ約258MW(2008年)の市場になっています。

 イタリアのコープは、CNNAプラトでの再生可能エネルギーの利用割合を高めるために、総電力使用量を超える発電量が期待できる太陽光発電システムを導入しました。

設置概要

 CNNAプラトでは、倉庫の屋上に2,895kW(15,650枚、形名:PV-TD185MF5)、地上の駐車場に11kW(60枚、形名:PV-TD190MF5)、計2,906kW(15,710枚)の太陽電池モジュールを設置しました。このシステムのうち、倉庫の屋上に設置された2,895kW分は、1棟の建物に設置された太陽光発電システムとしてはイタリア最大※2です。

 太陽光発電システムを建物の屋根上に設置する場合、地上に設置する場合と比べて電力買取価格が高く、土地の有効活用にもなるというメリットがあります。この倉庫は、太陽光発電システムを設置することを前提に、屋根の角度などが最適に設計された建物です。

イタリア向けの主な納入実績

納入先 業態 場所 納入時期 容量(kW)
ユニコープ ティレノ 生活協同組合 ティレノ(Tirreno) 2007年 420
マカフェリ産業 総合企業 チェラーノ(Celano) 2008年 948
フリウリベネチアジュリア州 自治区管理棟 公共施設 ウーディネ(Udine) 2008年 200
ゴルゴナ島 刑務所 トスカーニ(Tuscany) 2008年 50
温室ハウス(個人所有) 農場 ロナート(Lonato) 2009年 888
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 中津川製作所 営業部 太陽光発電システム海外営業課

TEL: (0573)66-8019 FAX: なし

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。