ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年11月25日
ISNo.0908

排出削減施策のPDCAサイクルを支援し、改正省エネ法対応報告を効率化

三菱電機トータル環境経営ソリューション「DIALCS」新発売

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、企業の環境施策担当部門やビルのオーナーを対象に、CO2排出削減施策のPDCAサイクルを支援するトータル環境経営ソリューション「DIALCS※1(ダイアエルシーエス)」シリーズを、12月10日から発売します。

 この製品の開発・販売・保守は三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(取締役社長:門脇 三雄、本社:東京都港区、略称「MDIS」)が担当します。また、環境総合展示会「エコプロダクツ2009」(12月10日〜12日、東京ビッグサイト)に出展し今後の開発構想を含めたデモンストレーションを行います。

※1: LCS(Low Carbon Society) : 「低炭素社会」の略

発売の概要

製品名 主な機能 ソフトウェア
本体価格(税込)
発売日 販売目標
DIALCSコミュニケーションポータル  ・エネルギー情報の取り込み
 ・環境情報のポータル表示 等
1,575,000円から 12月10日 2010年度から
3年間で30億円
DIALCSレポート  ・月次エネルギー利用状況報告
 ・改正省エネ法対応報告
1,050,000円から

発売の背景

 本年4月に改正省エネ法※2が施行され環境経営の重要性が高まる中、企業のオフィスや店舗などの拠点では、消費電力の少ない設備、機器の導入から昼休みの一斉消灯まで、さまざまな取り組みが行われています。しかし、複数拠点を持つ企業が自社保有施設以外のエネルギー使用量を正確に把握するのは困難であるほか、個々の取り組みの定量的な把握はほとんど行われていないのが実情で、改正省エネ法の報告資料の作成に支障をきたす企業もでてきます。
 当社は今回、改正省エネ法対象企業や、それらの企業をテナントとするビルオーナーに向けて、エネルギー情報全体を把握し、報告資料を作成するのはもちろん、個々の部門の利用状況を分かりやすく表示してCO2排出削減施策の立案(Plan)から実行(Do)、結果把握(Check)、分析・改善・啓蒙(Action)に至るPDCAサイクルを総合的に支援するソリューションを発売します。この製品は、サーバーやアプリケーションなどすべてのITリソースをネットワーク経由でサービスとして提供するクラウド型の構成なので、導入が容易です。
※2: 2009年度1年間に原油換算値1,500kl以上のエネルギーを使用した企業は、2010年度に届け出が必要。
対象企業の目安は延床面積20,000m2以上といわれている。

新製品の特長

1. CO2排出削減施策におけるPDCAサイクルを支援
企業ネットワークを通じ各所のエネルギー計測装置からデータを自動で読み込み、一元管理しますので、ビルオーナーや複数拠点を持つ企業が全体のエネルギー情報を把握できます。一方、テナントや各拠点では自分のエネルギー情報を閲覧できることで、CO2排出削減施策のPDCAを実施できます。また、クラウド環境に適合しており、システムをCO2排出削減効果の高いデータセンターに設置でき、各部門はブラウザー(閲覧ソフト)の導入により容易に利用できます。
2. 改正省エネ法対応の報告作成を効率化
DIALCSレポートは、環境データを自動で報告用の単位に換算し、帳票を出力しますので、改正省エネ法に対応した報告書が効率よく作成できます。

今後の展開

 今後、オフィスの電子機器から給茶機に至るまで、エネルギー使用データを収集し高速で多面分析を行えるようにするなど、機能拡張を予定しています。これにより、さらにきめ細かなCO2排出削減施策を講じることができるようになります。DIALCSを導入したお客様はオプションで機能拡張できます。

お問い合わせ先
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 製造・サービス営業部

TEL: (03)5445-7445

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。