ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年11月25日
ISNo.0909

環境データの収集と分析を安価に実現

環境・省エネ対策を推進する「MELGREEN」シリーズのエントリーモデルを発売

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、環境・省エネ対策に必要なデータを収集、一元管理、高速分析し、その結果を「見える化」して、環境経営の意思決定を迅速化する「MELGREEN(メルグリーン)」シリーズにおいて、エントリーモデルの「MELGREEN Lite」を2009年12月18日から発売します。

 この製品の製造・販売・保守は三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社が担当します。本新製品は、12月10日からのエコプロダクツ2009(会場:東京ビックサイト) に出展します。

発売の概要

製品名 主な機能 標準価格(税込)※1 発売日 販売目標
MELGREEN
Lite
・CSV形式の環境データの収集、管理、分析 2,100,000円より 12月18日 年間300システム
(MELGREEN製品全体)
EcoServerⅡ
連携アダプター
・EcoServerⅡの計測データの収集、管理、
分析
525,000円 1月29日
※1: 本製品はソフトウェアです。ハードウェアは含みません。

発売の狙い

 近年、企業においては、改正省エネ法や各自治体の環境対策条例への対応が急がれる状況となっており、CO2 排出量の削減など環境・省エネ対策への取り組みが重要な経営課題となっています。その環境・省エネ対策を推進するには、複数の建物、拠点にまたがる膨大な環境データを収集、分析し、適切な対策を取る必要があります。

 当社は今回、測定された膨大な環境データを収集、一元管理、分析、見える化して環境経営の意思決定が迅速に行えるMELGREENシリーズの新製品として、導入が容易なエントリーモデルを発売します。

新製品の特長

1. 膨大な環境データの蓄積、見える化を実現<MELGREEN Lite>

エントリーモデルながら、CSV形式の大量の環境データを長期にわたり蓄積し、高速で自由な分析を低コストで実施できます。例えば、ビル10棟で計測ポイント10,000点の1時間間隔のデータを、EcoServerⅡ連携アダプターを通して収集し、7年分以上にわたり蓄積できるとともに、高度な分析、分かりやすい表示で問題点を見える化し、適切な対策の検討に役立てることができます。

2. 計測データの取り込みを自動で実現<EcoServerⅡ連携アダプター>

当社の省エネデータ収集サーバーEcoServerⅡとは、電力計測ユニットなど計測端末機器からのデータをCSV形式に変換してネットワークに転送できます。EcoServerⅡ連携アダプターは、1日に1回の割合で複数のEcoServerⅡに蓄積されているデータをネットワーク経由で順次読み取りMELGREENに格納します。これにより、複数ビルの環境データの一括管理が可能になります。

3. 事業所単位から全社の環境経営推進まで製品ラインアップを拡充

MELGREEN Liteのラインアップにより、お客様のご要望に合ったMELGREENを選択いただけます。

 ・BIスイートAdvanced edition   :全社規模の統合管理に環境データと経営データを活用
 ・BIスイート   :複数ビルの一括管理に環境データと経営データを活用
 ・BIベーシック   :ビル全体の管理に、さまざまな環境データを活用
 ・Lite   :複数ビルの一括管理に、CSV形式環境データを活用

将来計画

 サーバーやアプリケーションなど、全てのITリソースをネットワーク上でサービスとして提供するクラウド環境に対応したMELGREEN製品を2010年度に投入する計画です。

お問い合わせ先
三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社 計画部  販売推進課

TEL: (03)6414-8052

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。