ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年12月9日
ビルNo.0909

デジタル防犯カメラシステムとの連携で運用効率を向上

「三菱統合ビルセキュリティーシステム MELSAFETY-G」 機能強化のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、「DIGUARD NET※1」を介して、ビル入退室管理システムとデジタル防犯カメラシステムとの連携を実現し、機能を強化した「三菱統合ビルセキュリティーシステムMELSAFETY-G(メルセーフティー ジー)」を12月16日から発売します。

※1: 物理・情報セキュリティーに関するさまざまな情報をシステム間で相互利用できるようにし、お客様のご要望に応じたトータルなセキュリティーを容易に実現する三菱電機独自のセキュリティー構築プラットフォーム

発売の概要

製品名 主な機能 システム例 参考価格※2 発売日 年間
販売台数
三菱統合ビル
セキュリティー
システム
MELSAFETY-G
 ・カードや指透過認証装置などによる扉の施解錠
 ・カメラによる映像監視と映像記録
 ・入退室管理情報と映像情報の連携
 カードリーダー:40台
 カメラ:30台
2,200万円 12月16日 100
システム
 カードリーダー:150台
 カメラ:100台
8,700万円
※2: 設計費、工事費、消費税を除く

発売の狙い

 近年、社会的な危機管理意識の高まりを背景にさまざまなセキュリティー設備が普及する中、監視対象箇所の増大のみならず、映像監視ポイントが増える傾向にあり、企業やビルオーナーなどからは、入退室管理と映像監視の連携などさらなる運用効率の向上が求められています。

 当社は「三菱統合ビルセキュリティーシステムMELSAFETY-G」を2006年4月に発売しましたが、収容できる防犯カメラはアナログ方式で最大16台までの小規模なシステムに限られていました。

 今回「DIGUARD NET」対応の映像監視連携機能の開発により、デジタル方式の防犯カメラを最大128台まで監視可能とし、連携機能を強化しました。

新製品の特長

1. 入退室管理システムと最大128台のデジタル防犯カメラとの映像監視連携機能
入退室管理システムと連携可能なデジタル方式防犯カメラの台数を最大128台まで拡大し、映像監視の連携機能を強化しました。防災センターや守衛室など複数の監視拠点を設ける大規模システムでも、防犯カメラの映像をコマ落ち等のない完全動画(30フレーム/秒)のまま複数のセンター装置で同時に監視することができます。また、接続するデジタル方式の防犯カメラや映像記録装置は豊富にとりそろえており、システムの規模や用途に応じて最適なものを選択することができます。防犯カメラと映像記録装置との通信には通常のLANを利用するため、導入・保守の低コスト化に貢献します。
2. 連携機能の充実により、運用効率を向上し異常見逃しリスクも低減
入退室警報が発生した現場映像の自動表示をはじめ、現場映像を見ながらの入退室制御(遠隔施解錠など)、選択した通行履歴に対応する記録映像を自動表示するなど入退室管理と映像監視の連携機能を充実させました。これにより、警備担当者は防犯センサーの状態などを基に絞り込まれた映像だけを確認すればよいので、運用効率が向上し異常を見逃すリスクも低減します。
3. システムの構築から保守サービスまでサポート
システム構築時のご提案から、施工、保守サービスまで、一貫したサポート※3をご提供します。
※3: 保守サービスのご利用には、三菱電機ビルテクノサービス株式会社との契約が必要です。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 ビル事業部 ビルシステム第三部

TEL: (03)3218-4525 FAX: (03)3218-4399

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。