ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2009年12月16日
リ本No.0947

スタイリッシュで使いやすい「3Dハイブリッドデザイン」の扉

三菱冷蔵庫 新商品「Cシリーズ」発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、スタイリッシュで使いやすい「3Dハイブリッドデザイン」の扉を採用した、3ドア冷蔵庫「Cシリーズ」2機種を2010年2月1日に発売します。

三菱冷蔵庫 「Cシリーズ」

三菱冷蔵庫 「Cシリーズ」

発売の概要

タイプ 形 名 定格内容積 希望小売価格 発売日 月産台数
幅60cm、奥行60cm※1
コンパクト3ドア
MR-C37R 370L オープン 2010年2月1日 5,000台
MR-C34R 335L 4,000台
※1: ドア角まで

発売の狙い

 近年、冷蔵庫は大型化、大容量化が進む一方で幅60cmのスリムな冷蔵庫も150万台前後の安定的な需要があります。特にスリムタイプの中心となる3ドアの冷蔵庫は、新婚者などの若年層からシニア層まで幅広い需要を持ち、底堅い市場を形成しています。

 こうした中、新たに発売する「Cシリーズ」はデザインを重視するお客様を対象に、冷蔵室の扉にハンドルやノブなどの突起物がない当社独自のデザインを採用しました。側面や下からも手が掛けられ、開け閉めが容易で使いやすい冷蔵庫です。週末のまとめ買いにも十分対応できるよう、収納力も高めました。

新製品の特長

1. スタイリッシュで使いやすい「3Dハイブリッドデザイン」の扉
3室ある扉のうち、冷蔵室の扉は周囲を立体的に成形した当社独自の「3Dハイブリッドデザイン」を採用しました。扉は取っ手や引き手で開け閉めするのが通常ですが、「3Dハイブリッドデザイン」は2枚の扉を重ねたような立体形状で、左側面※2だけでなく下からも手が掛けられ、開け閉めが容易です。突起や凹みもなくシンプルで使いやすく、スタイリッシュな扉になりました。
※2: 右側面に手を掛ける左開きもあります
2. 大容量81L冷凍室&217L冷蔵室(MR-C37R)
冷凍室の容量は両機種ともに従来より17L大きな※3 81Lで、週末のまとめ買いなどのニーズにおこたえします。
また、MR-C37Rの冷蔵室は217Lあり、食品やドリンク類だけでなく、冷蔵室へ保存する方が増えている調味料なども整理できる余裕の収納力となっています。
※3: 前年モデル MR-CU37P、MR-CU33Pの冷凍室容量64Lとの比較
3. 2010年省エネ基準達成率100%をクリア
冷却システムの効率化と高効率コンプレッサーの採用により省エネ性能を向上し、前年モデルに対し年間消費電力量を約2割削減※4しました。2010年省エネ基準達成率100%をクリアした、エコポイント対象モデルです。
※4: 前年モデル MR-CU37P(590kWh/年)、MR-CU33P(580kWh/年)との比較
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 三菱電機お客さま相談センター

TEL: 0120-139-365

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。