ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年1月13日
社会1001

北京地下鉄昌平線向け車両用電機品受注のお知らせ

印刷用ページへ

三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、株洲南車時代電気股份有限公司と共同で、中国 北京市軌道交通建設管理有限公司から、北京地下鉄昌平線向け車両用電機品を受注しましたのでお知らせします。

当社連合の受注価格は総額約36億円です。

北京地下鉄昌平線は、2010年に開通予定の新5路線の1つで、北京市西北の昌平区に伸びる路線です。

受注した電機品は、VVVFインバーター制御装置、主電動機、補助電源装置などで、環境に配慮して使用エネルギーを削減することができる回生ブレーキなども含まれます。

対象製品は、昨年7月に受注した北京地下鉄8号線向け電機品と同様に当社伊丹製作所で主要機器を製作、株洲南車時代電気股份有限公司で箱枠製作および一部調達を実施、同社と当社との現地合弁会社である株洲時菱交通設備有限公司で最終組立と試験を行います。

これら製品は2010年5月から順次出荷していく予定です。

当社はこれまで、日本国内をはじめ、海外でも鉄道車両向け電機品を多数納入しており、中国都市交通市場では、北京地下鉄2、8号線のほか天津地下鉄1、2、3号線向け、広州地下鉄4、5号線、瀋陽地下鉄1号線向け車両用電機品を受注してきました。今後も中国都市交通市場をはじめ、全世界で事業を拡大し2015年には海外向け電機品で現状の2倍の規模を目指します。

  • ※:Variable Voltage Variable Frequency Inverter(可変電圧・可変周波数インバーター)

受注の概要

発注者 北京市軌道交通建設管理有限公司
(Beijing MTR Construction Administration Corp.)
受注規模 鉄道車両162両(1編成6両×27編成)分の電機品
受注製品 車両用電機品(VVVFインバーター制御装置、主電動機、補助電源装置など)
受注価格 約36億円
納期 2010年5月

北京地下鉄昌平線の概要

路線名 北京地下鉄昌平線
運営会社 北京市地鉄運営有限公司
開業予定 2010年内
場所 中国 北京市 西二旗駅十三陵景区駅
距離および駅数 約32.7km 11駅

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。