ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年1月22日
社会1002

システム構築の開発期間短縮品質向上、コスト削減を実現する

三菱電機Webアプリケーション構築フレームワーク「DIAECOR」発売のお知らせ

印刷用ページへ

三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、Webシステムの開発を効率よく行えるコンポーネント群と開発支援機能を網羅したWebアプリケーション構築フレームワーク「DIAECOR(ダイヤエコール)」を3月31日から発売します。

発売の概要

製品名 標準価格(税抜) ライセンス体系 発売日 販売目標
アプリケーションフレームワーク
DIAECOR(AF)
1,250,000円 1CPUライセンス 3月31日 年間20セット
統合開発環境
DIAECOR(ID)
10,000,000円 システムライセンス
統合運用管理 DIAECOR(IM) 1,000,000円 1CPUライセンス
DIAECOR(IC) 5,000円 1クライアントライセンス

発売の狙い

官公庁の業務システムは、従来の大型計算機と端末を使った専用システムから、汎用サーバーを用い汎用パソコンのブラウザーで操作するWebシステムが主流を占めるようになりました。近年では、従来システムを統合し処理をセンターに集中させて業務の効率化やコスト削減を図るケースが増えつつあります。これらWebシステムのソフトウエア(Webアプリケーション)の開発には、システムの要件整理から運用、保守に至るまで質の高い技術者が必要ですが、数年にわたる開発期間に一貫して確保するのは難しく、さらなる短期間開発が要求される昨今では、開発効率を向上する支援ツールが求められています。

当社は今回、高品質なWebシステムの開発作業を効率化するWebアプリケーション構築フレームワークを発売します。


新製品の特長

  1. 高品質なWebアプリケーションを短期間で開発可能

    当社がこれまでに培ったWebシステムの開発ノウハウと管理ノウハウを網羅したコンポーネント群と開発支援機能を提供しますので、高品質なWebアプリケーションを短期間で開発できます。

  2. 目的に応じて導入できるモジュール

    DIAECORは5つのモジュールで構成しています。モジュールは単独でも販売しますので、購入される方の必要に応じて導入できます。

    • (1)AF(Application Framework)
      入出力処理や画面処理などの汎用処理をまとめたコンポーネント群です。汎用処理の組み合わせでは実行できない処理のみ開発すればよく、開発期間が短縮できます。
    • (2)ID(Integrated Development Environment)
      仕様書や試験項目の自動生成、開発したソフトウエアの性能分析など、開発と評価を支援します。設計とソフトウエアの同一性が保証され、システムの品質が向上します。
    • (3)IM(Integrated Management)
      システムの要件定義や方式設計を運用面から点検し、運用と保守を最適化します。また、システム稼働後の標準的な監視業務とソフトウエア保守業務の作成を支援します。
    • (4)IC(Integrated Management Client)
      操作端末側の標準的な監視業務やソフトウエア保守を支援します。
    • (5)PR(Process)
      Webアプリケーションの開発から管理に至る各プロセスで、DIAECORの各モジュールを利用するタイミングと、標準的な文書の様式をまとめたものです。このモジュールは、AF、ID、IM、ICを1つでも購入された方に無償で提供します。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 社会環境事業部 官公システム部

TEL: (03)3218-3269 FAX: (03)3218-2893

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。