ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年1月28日
社会1003

〜長さ107.52m、高さ10.88mの大迫力スクリーン〜

アラブ首長国連邦メイダン競馬場向け双日と三菱電機が世界最大・最長の映像装置「オーロラビジョン」を設置

印刷用ページへ

双日株式会社(代表取締役社長:加瀬 豊)と三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ中心地に建設されたメイダン競馬場に、世界最大・最長の大型映像装置「オーロラビジョン」(海外製品名:DIAMOND VISION®)を設置しました。

メイダン競馬場は、五ツ星ホテルや競馬ミュージアムなどを併設する商業複合施設「Meydan City」の中核施設で、スタンド全長1.6km、観客6万人を収容する世界最大の競馬場です。メインスタンド正面に設置した「オーロラビジョン」は、長さ107.52m、高さ10.88m、面積が約1,169.8m2の世界最大・最長のスクリーンで、ギネス世界記録に申請中です。

「オーロラビジョン」は、約1,200万個の高輝度LEDで高精細なハイビジョン映像を実現します。メイダン競馬場は1月28日に正式オープンを予定しており、「オーロラビジョン」が大迫力の映像を映し出します。

メイダン競馬場では、3月に賞金総額1000万ドルを誇る世界最大の競馬レースであるドバイワールドカップ2010が開催されます。本年は15周年となる記念の年で、中東だけでなく世界中から観客が集まると予想されています。日本の競走馬もレースへの参加を予定しており、「オーロラビジョン」は、メイダン競馬場のメイン設備の一つとしてレースを盛り上げます。

三菱電機の「オーロラビジョン」は、東京ドームや全米アメリカンフットボールリーグのダラス・カウボーイズ新スタジアムをはじめ、世界各国に950件以上の納入実績があります。

全世界で商業施設や競技場、スポーツスタジアム向けに大型映像設備の需要が伸びており、双日と三菱電機は、今後もUAEをはじめとする中東地域でのさらなる受注を目指します。

  • ※ LED:Lighting-emitting diode(発光ダイオード)

主な仕様

製品名 オーロラビジョンLED(海外製品名:DIAMOND VISION®
スクリーンサイズ 縦10.88m×横107.52m 約1,169.8m2(4,255型)
発光素子 高輝度LED方式【R(赤)・G(緑)・B(青)】
絵素構成(ドットピッチ)
画素数 11,698,176ドット(縦1088ドット×横10752ドット)
輝度(輝度調整) 7,000cd/m2(64段階)
画素密度 10,000ドット/m2
表示階調 各色4,096階調(12bit)
視認角度 水平:±70° 垂直:+15°〜−30°
お問い合わせ先
三菱電機株式会社
 社会システム海外事業部 社会システム海外第三部

TEL: (03)3218-9241 FAX: (03)3218-9048

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。