ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年2月4日
リ本1003

三菱 ブラウン管カラーテレビをご愛用の皆様へ「ご使用中止」のお願い

印刷用ページへ

三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)が製造いたしました「三菱 ブラウン管カラーテレビ(形名:29C-AT2、29C-AT3)」において、長年のご使用による経年劣化から、焼損事故が3件発生しました。類似構造の機種も含め、下表記載のブラウン管カラーテレビをお持ちのお客様には、事故発生予防のため、すぐにご使用を中止いただきますよう、ご案内いたします。

対象台数は、258,910台(うち三菱ブランドが254,660台、ブラザー工業ブランド(製造元:三菱電機)が4,250台)ですが、発売から約20年を経ていることから残存台数は約400台と推定しています。

お客様へは「ご使用中止のお願い」を2月4日(木)から弊社ホームページに掲載し、ご案内いたします。お客様からの廃棄についてのご相談や、その他のお問い合わせは、下記フリーダイヤルにてお受けします。

なお、ブラウン管テレビの長期使用における注意喚起は、弊社ホームページ上の「長年ご使用のブラウン管テレビについてのお知らせとお願い」※1でも実施しております。

対象製品

■ 製品名 :三菱 ブラウン管カラーテレビ(ブラザー工業ブランド含む)
■ 対象台数 :258,910台
■ 対象形名
ブランド 対象形名 製造台数 製造期間
三菱電機 29C-AT1、29C-AT1BS、29C-AT2、
29C-AT3、29C-AT81、29C-AT91、
29C-AT92、29C-AT93、29C-BA1、
29C-DA2、29C-A3Z、27C-AT1、
27C-AT2、27C-AT3
254,660台 1988年(昭和63年)5月〜
1991年(平成3年)1月
ブラザー工業 CT29-844、CT29-845、CT29-846、
CT29-847、CT27-742
4,250台

形名表示位置

キャビネット正面、および背面の銘板に記載されている形名をご確認ください。

本体形状は機種により異なります。

お客様からのお問い合わせ窓口

フリーダイヤル(無料):0120-250-395

受付時間 9:00〜17:00(土・日・祝日除く)
(ただし2010年2月末までは9:00〜19:00、土・日・祝日も受け付けいたします)

ホームページによるお知らせ

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。